FC2ブログ

純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

東京・国立・ロージナ茶房

学生街に、良い喫茶店があるのは、もはや
鉄則であるように思う。一橋大学のある国立も、また然り。

駅からほど近い、細い路地には、ロージナ茶房と
邪宗門、と2店、有名な喫茶店が建ち並んでいる。

ロージナ茶房は、学生のことを思うマスターの優しさゆえか、
何を注文しても、本当に量が多い。

以前、名物であるザイカレーを食べたときには、その辛さと
量に、とても苦しくなったのを覚えている。しかし、味は美味しい。

今回は、クリームソーダを注文してみた。

やはり、通常に比べると、容器からして大きい。

上のアイスクリームも、遠慮なく乗っている。

店内は、学生だけではなく、地元の人や、遊びに来た人で
いつも賑わっていて、あまり空席のあるときを見かけない。

新緑のこの季節の散策の後に、寄りたくなる喫茶店。

★住所:東京都国立市中1-9-42
★TEL:042-575-4074

13d2.jpg

ed9f.jpg

91a2.jpg

ad65.jpg

35c0.jpg

ae36.jpg

f361.jpg

fb21.jpg

5912.jpg

8ab2.jpg

PageTop

東京・国分寺・珈琲専門店 アミー

ある日の夜、雨から逃げるように、
この喫茶店へ逃げ込んだ。駅の目の前の喫茶店。

遠くから見える看板の、「アミー」の字体が素敵。

少し古びたメニューのサンプルが出迎えてくれて、
急な階段を上がりきると、予想以上に広い空間が現れる。

昭和の趣を残したまま、禁煙席がきちんとあるところが
現在との調和をはかっていてとてもいい。

この日は、椅子の色が素敵だったのと、空いていたのも
あって、あえて喫煙スペースへ。周りに人はいない。

メニューを広げると、種類の豊富な飲み物や、
プリンアラモードにも心ひかれたが、珈琲専門店、と
あったので、炭焼き珈琲にしてみた。

運ばれてきた珈琲は、キリリと苦く、美味しかった。

店内の灯りは、昔ながらの喫茶色。

何より、ここは店員さんの接客がとてもいい。

少し電車に揺られてでも、また一休みしに来たい、
と思えるような喫茶店。今度は、晴れた午後に。

★住所:東京都国分寺市本町3-2-2 岡部ビル 2F
★TEL:042-323-9744

c9bd.jpg

d1ee.jpg

df76.jpg

ec4d.jpg

3daf.jpg

735b.jpg

18c9.jpg

c453.jpg

b8ff.jpg

ca5e.jpg

227d.jpg

8909.jpg

52c1.jpg

PageTop

東京・府中・珈琲の館 香

初めて降りる駅では、必ず喫茶店に立ち寄ることにしている。

駅の周りをぐるぐると歩いていると、間もなく「珈琲」の文字を見つけた。

少し急な階段を上がると、艶やかな赤い空間が見える。

お祭りの日だったためか、中には誰もいなくて、シンとしている。

赤いレースのカーテンが、どっしりと年月を物語っていた。

窓際の席は、風の通りもよく、視界の下に見える、
お祭りの賑わいを別の世界の出来事のように見せた。

アイスカフェラテを注文すると、牛乳と珈琲の層が綺麗。
注文後に一杯ずつ、淹れてくれる丁寧さが嬉しい。

珈琲を運んできてくれた笑顔の素敵なマダムが、
ほんの一言、気のきいた挨拶をかけてくれたのも良かった。

1つ好きな喫茶店が出来ると、またその街に来るのが
楽しみになる。そんなことの繰り返しだ。

★住所:東京都府中市宮町1-2-31
★TEL:042-361-4039

7379.jpg

90e1.jpg

9dd6.jpg

7a01.jpg

b66a.jpg

265b.jpg

419b.jpg

201a.jpg

adad.jpg

be66.jpg


PageTop