純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・西荻窪・Coffee&Tea びあん香

夏にはまだ少し早い季節に、新潟からやってきた友人と待ち合わせをした。

目当ては西荻窪のこけしと紅茶を扱っている「イトチ」というカフェだったが、
そこへ向かう途中、気になる喫茶店を見つけた。

入口は沢山の植物に覆われていて、大好きだった自由が丘の「MURA」という、
とてつもなく美味しいバラの花に飾られたカレーとチャイを頂くことが出来た店を思い出す。

先に用事を済ませ、再び同じ道を戻り、こちらにもお邪魔した。

午後のきらきらした光が緑に反射して眩しい。遠目にも美しい喫茶店だ、と思う。

店内にはバラが飾られ、花かごのようなバスケットが吊り下げられていたりと
まるで花屋の中にいるようだ。一人で店を切り盛りするママも花のように笑う。

メニューにあった「トーフグラタン」なるものが気になったが、それは次回空腹の時の
楽しみに、しかし何か珈琲だけでは物足りない、とトーストとのセットをお願いした。

半地下のようになっているが、目線より上に窓があり、陽射しが入るのも良い。

運ばれてくるまでの間、マダムと幾つかの会話をした。店内を眺めながら。
三角に切られた分厚いトーストも珈琲もとても美味しかった。

西荻窪には数えきれない程来ているのに、今までこの道を通ることはなかった。
友人のおかげで、また一つ新しい喫茶店に縁が出来たことを嬉しく思う。

夏が終わり、秋が来た今、あの店の入り口はどのようになっているのだろう。
涼しくなった季節に、熱々の「トーフグラタン」を食べることを楽しみにしている。

★住所:東京都杉並区西荻北2-3-1
★TEL:03-3394-4584

東京・西荻窪・びあん香1

東京・西荻窪・びあん香2

東京・西荻窪・びあん香3

東京・西荻窪・びあん香4

東京・西荻窪・びあん香5

東京・西荻窪・びあん香6

東京・西荻窪・びあん香7

東京・西荻窪・びあん香8

東京・西荻窪・びあん香9

東京・西荻窪・びあん香10

東京・西荻窪・びあん香11

東京・西荻窪・びあん香12

東京・西荻窪・びあん香13

東京・西荻窪・びあん香14

東京・西荻窪・びあん香15

PageTop

東京・久我山・カフェ・デ・マエストロ

ものすごくレトロ、というわけではなかったが、
店内に一歩入った瞬間、好きだ、と強く思った喫茶店だった。

席の配置とか、外からの光の入る具合とか、カウンターの
椅子の数とか、窓の枠にさりげなく置かれた松ぼっくりとか、
メニューが革に書かれているところとか、ソファの長さとか。

いろいろな部分に、ぐっと引きこまれて、一瞬で、
何度も通いたい喫茶店になってしまった。

自家製シフォンケーキとアイスコーヒーを注文する。
シフォンケーキは、3種類、日によって違うらしく、この日は
チョコレイトシフォン。注文後に泡立ててくれる生クリームがやさしい。

ここの喫茶店では、その日の気分次第で、どこの席も
特等席になってしまうところが良い。雨ならば、窓の近くの席を。

★住所:東京都杉並区久我山4丁目1-4 201
★TEL:

3781.jpg

e150.jpg

5321.jpg

3877.jpg

8d1e.jpg

cc48.jpg

8efc.jpg

9073.jpg

2fa5.jpg

30a4.jpg

e02e.jpg

c638.jpg

bac1.jpg

da9c.jpg

120f.jpg

PageTop

東京・吉祥寺・エコー

以前、この近くにあったCD屋に寄るたびに、
覗いてはいたのだが、日中は、席が埋まっていることが多く、
なかなか一休みする機会に、恵まれなかった。

雨の夕方、ふらりと階段を上がってみると、BGMのない
その喫茶店は、誰もいないのに、あたたかい色をしていた。

迷わず、扉を開けると、優しそうなマスターが迎え入れてくれる。

窓に近い奥の席に腰を下ろし、アイスカフェオレを注文して、
しばらくの間、雨を眺める。

時間をかけて、丁寧に運ばれてきたアイスカフェオレの中には、
無造作に砕かれた綺麗な透明の氷、下にはレースのコースター。

喫茶店が好きなのは、こういった、お店ごとの面白さが
あるからだと、いつも思う。マッチや、メニューを見るのも楽しい。

あまりにも居心地の良いお店だったので、のんびりしてしまい、
気がついた頃には閉店時間で、お礼を言って、そそくさと外に出る。

休日でも、ゆったり出来る喫茶店を知っていると、その街は、もっと好きになる。

★住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-13-1
★TEL:0422-23-0706

8dba.jpg

3cf4.jpg

2be8.jpg

bc37.jpg

92cd.jpg

21e6.jpg

a26b.jpg

5000.jpg

d14e.jpg

c19d.jpg

66a9.jpg

670f.jpg

PageTop

東京・吉祥寺・ゆりあぺむぺる

吉祥寺の駅近く、賑やかな通り沿いにある一軒家の喫茶店は、
いつも高級な雰囲気を漂わせていて、それでいて混雑している。

なんとなく、入る機会を逃したまま、つい最近まで。

この日は、タイミングが良かったのか、一階に2組、
二階にも2組、と非常にのんびりした雰囲気であった。

思わず、二階席を選んでしまったが、一階の、
まるでどこかの上品なサロンのような内装も捨てがたい。

二階も、大きな声で話すのは憚れるような、静かで
落ち着いた空気。ちょうど良い音量で、音楽が流れる。

珈琲の種類もたくさんあって、メニューを見るのも楽しい。

この日は、夏限定の「アイス バナナショコララテ」にした。

少し大きめのグラスには、小さく砕かれた氷が、たくさん
浮かんでいて、ほんのりバナナとチョコレイトの味のする
濃厚な珈琲が、たっぷりと入っていた。

窓際の席は、外の景色を見渡せる特等席。

読書をする人、何やらノートに書き込む人、物思いにふける人。

少し背筋の伸びてしまうような、こういう喫茶店もまた素敵だ。

夜のディナーセットも、気になったので、今度は食事の時間に。

★住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-6
★TEL:0422-48-6822(1F), 4390(2F)

1b95.jpg

9099.jpg

1be6.jpg

bb67.jpg

eaf2.jpg

397d.jpg

b8a1.jpg

4d62.jpg

30ee.jpg

2260.jpg

1459.jpg

ffd7.jpg

2854.jpg

b024.jpg

396c.jpg

PageTop

東京・吉祥寺・COFFEE HALL くぐつ草

苦くて、本当に濃い珈琲が飲みたいとき、
あまり明るいところへ出たくないとき、
まるで、洞窟のような、この喫茶店へ向かう。

吉祥寺の、駅からすぐの明るい商店街の中にあるのにも関わらず、
地下へと続く階段を、一段一段下りていく毎に、
外の喧騒を少しずつ忘れる。

縦に長いその店内は、絶妙な明るさが保たれていて、
1人で読書をするか、誰かといても、
あてもなくぼんやりとするのが向いている。

店内の一番奥には、大きなガラスのドアがあって、
その向こう側には、光が差し込んでいるように見えるが、
いつも手前の席にばかり座ってしまって、あちら側が
どうなっているのか、まだ知らない。

店員さんも、きびきびと動き、それでいて物腰も柔らかく、
とても居心地のいい喫茶店。

★住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-7-7 島田ビルB1F
★TEL:0422-21-8473

6691.jpg

2231.jpg

94bc.jpg

2d3a.jpg

cd81.jpg

644d.jpg

d796.jpg

de8a.jpg

fbca.jpg

30da.jpg

4545.jpg

8474.jpg

ada5.jpg

a03b.jpg

6ab4.jpg

ee72.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。