純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

京都・七条七本松・喫茶 NASU

今年に入ってから、本当に頻繁に関西を訪れている。

純喫茶に夢中になった当初、東京のめぼしい純喫茶を巡り終わってしまい、
ふらりと関西に出掛け、こちらにはまだまだ素晴らしい店が多数ある、と感激したのだ。

それから約10年程経つが、今でも訪れたことのない純喫茶がまだ尽きることはない。

京都には好きな純喫茶が沢山ある。

ソワレ、フランソワ、スマート珈琲、六曜社(1階も地下も)、石、翡翠、扉・・・。
今は無き、エルベ、ミューズ、セブン、まる捨なども。

この時の旅では、今まで足を運んだことのなかった七条まで、バスに揺られた。

ある純喫茶のカレーだけを目指して。
味も勿論美味しそうだが、今までになかった盛り付けの見た目がユニークだった。

バス停に降りると、近くには市場があるためか、どことなく築地の雰囲気に似ている。
散策したい気持ちを抑えて、まずは目的の純喫茶へ向かう。

扉を開けると、こぢんまりとした店内はほぼ満席だ。
空いていた一席を指差し、座っても良いかを尋ねると、てきぱきと作業しながらも
忙しそうなマスターだったが、愛想はとても良く、「随分待たせてしまうけどいいですか?」と
声を掛けてくれた。もちろん了承し、腰を下ろしてからのんびりと店内を見渡す。

メニューによると、カレーのルーは恐らく1種類で、具材を選ぶことが出来る。
具材は、チキンやミンチカツ(東京ではメンチカツと呼ぶ)、エビフライなど。

久しぶりにエビフライカレーにしようと思ったのだが、マスター曰く「今はない」とのこと。
なので、次に気になっていたミンチカツ乗せにした。

急ぐ旅でもないので、時間は気にせず、置いてあった雑誌をめくって過ごす。

すると、思ったよりもずっと早く「お待ちどうさま!」というマスターの元気の良い声と共に
カレーが運ばれてきた。白米でぐるりとルーを囲む盛り付けがとても新鮮だ。

ミンチカツは揚げたてで美味しかった。沢山の種類のスパイスが効いたカレーも。

昼時は過ぎていたにも関わらず、次々と人が扉を開ける。しかも、近くで暮らす人たちで
あるところも良かった。近所の人々に愛されるのは良い純喫茶の条件だと思う。

珈琲も飲みたかったが、自分の事情であまりカレーとの相性が良くない時があるため、
(まれにカレーと珈琲を一緒に食べると胃もたれがしてしまう。どちらも好物だというのに。)
この日はレモンスカッシュにした。

ペーパーコースターの柄は、何と金閣寺。驚いて、記念に頂いて帰っても良いかと尋ねると、
もちろん!何ならもう1枚あげよう、と席まで持ってきて下さった。
こちらは清水寺だった。思わず、全種類集めてしまいたくなってしまう。

すっかり昼食の時間に満足し、作ってくれたマスターに御礼を言い、扉を開け、
次は何か甘いものでも、とすぐに次に訪れる純喫茶のことを考えていた。

★住所:京都府京都市下京区朱雀裏畑町32
★TEL:075-313-8470

京都・七条・NASU1

京都・七条・NASU2

京都・七条・NASU3

京都・七条・NASU4

京都・七条・NASU5

京都・七条・NASU6

京都・七条・NASU7

京都・七条・NASU8

京都・七条・NASU9

京都・七条・NASU10

京都・七条・NASU11

京都・七条・NASU12

京都・七条・NASU13

京都・七条・NASU14

京都・七条・NASU15

京都・七条・NASU16

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。