純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・小川・待夢

純喫茶の面白いところは、100軒の店があれば100人のマスターの個性が
店内のそこかしこに見られるところであろう、と常々思っている。

現在までに1300軒以上の純喫茶を訪れたのだが、そういう視点で考えると、
1300人以上のマスターの好みや長い喫茶人生の一日を垣間見てきたことになる。
これが純喫茶に対していつまでも飽きずにいられる理由の一つだろう。

愉快なマスター、こだわりのマスター、料理の上手なマスター、寡黙なマスター…。

ここのところ、二冊目の純喫茶本を出版するにあたって、膨大な純喫茶巡りの
記録を思い出す作業をしていることもあってか、店名を聞けばすぐに各店舗の
マスターの顔と店内の様子を、まるでジュークボックスがレコードを連れてくるように、
記憶を呼び戻すことが出来る。


さて。少し前に訪れた純喫茶のことを。

あえて分類するならば、「こだわりのマスターのいる店」だろうか。

この日は確か、小平にある素敵な花屋で行われていた友人のやまぐちめぐみさんの
個展を見に行く途中だった。(やまぐちめぐみさんは現在も個展中です → こちら
少し時間に余裕があったため、寄り道をして珈琲でも一杯、と思い、こちらを目指した。

店の前に辿り着いた時、マスターは店先で何やら作業をされていた。
営業しているかを尋ねると、多少慌てた様子ながらも中へ入れてくれた。

まだ片付けていなくて、と笑うマスターに、早すぎた来店を詫びながら
店内の様子を見ると、確かにテーブルの上には何やら散らかっていたが、
それよりも、店内のあらゆるところに置かれている「マスターのコレクション」が
気にかかった。ある物は天井からぶら下がり、ある物は無造作に置かれている。

片付けて下さった席に腰を下ろし、メニューを眺め注文をした後に、
マスターのほうから色々と話し掛けて下さった。

どこから来たの?近くに住んでいるの?今日はどうしたの?

そんな感じで始まったように思う。それらに答えながらも、店内の様子が
気になって仕方がなかった私は、今度はマスターに幾つか尋ねた。

店内にある色々なものはマスターのコレクションでしょうか?
ギターとカメラがお好きなのですか?一番興味があるものは何ですか?、等。

店内にあふれる物たちと同様、マスターの頭の中にも大変な量の知識と
情報があり、そのほんの一部を聞くにあたってあっという間に2時間が経っていた。

大きなバイクと古いカメラと珍しいギターが好きらしい、ということが分かった。
何でも自分でこなしてしまう器用な方だということも。

他には、常連さんから譲り受けた、という昔のマッチ箱のラベルコレクションが
沢山ファイルされたものも見せて下さった。こちらも本当に素晴らしいので必見。

肝心なことを書き忘れてしまうところだった。こちらは飲み物の値段が驚くほど安い。
マスターの話をいつまでも聞いていられるように、2杯でも3杯でも飲めるよう
設定されているのかもしれない。

のんびりした喫茶店がお好きな方、古いものがお好きな方、
カメラやギターがお好きな方、何よりこちらをご覧になってマスターに
会ってみたくなった方、是非、小川駅近くにある待夢までいかがでしょうか。

好きな人にとっては宝箱のような店内で、笑顔が素敵なマスターの話に耳を傾けては。

★住所:東京都小平市小川西町4-17-17
★TEL:042-344-7886

東京・小川・待夢1

東京・小川・待夢2

東京・小川・待夢3

東京・小川・待夢4

東京・小川・待夢5

東京・小川・待夢5・5

東京・小川・待夢6

東京・小川・待夢7

東京・小川・待夢8

東京・小川・待夢9

東京・小川・待夢10

東京・小川・待夢11

東京・小川・待夢12

東京・小川・待夢13

東京・小川・待夢14

東京・小川・待夢15

東京・小川・待夢16

東京・小川・待夢17

東京・小川・待夢18

東京・小川・待夢19

東京・小川・待夢20

東京・小川・待夢21

東京・小川・待夢22

東京・小川・待夢23

東京・小川・待夢24

東京・小川・待夢25

東京・小川・待夢26

東京・小川・待夢27

東京・小川・待夢28

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。