純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

富山・富山駅前・レストラン&珈琲 ウィーンの森

先月の半ばに新幹線も開通し、訪問しやすくなった北陸地方。

駅前の様子もがらりと変わったのだろうか。
そこで暮らす人たちにとって、便利になるのは望ましいことだが、
画一された街並みになるのではなく、その地域の特性を活かして
ますます素敵な場所になることを願っている。

昨年の秋、新幹線が開通する前に、と富山へ出掛けた。
東京からだと越後湯沢に出て、そこから電車を乗り継いで向かう。

トータルで5~6時間かかっただろうか。
窓の外を眺めたり、音楽を聴いたり、少し眠ったり。
そうしているうちに目的地に到着するゆったりした旅も良いものだ。

富山は目的があって訪れたのだが、純喫茶も多く、何軒も訪問出来た。

今回はまるで洋館のようだった純喫茶のことを。
階段を一段上がるごとに、店名が記されているウィーンの森。

入口の頭上には豪華なシャンデリア。
食事のメニューが豊富で、平日は夜遅くまで営業していることからも
地元の方々にとって利用しやすい店であることを感じさせる。

中へ入ると、とても親しみやすい笑顔の女性が出迎えてくれた。
旅先での醍醐味、モーニングはパンのものとおにぎりのものがあった。

少し迷ったが、パンを選んだ。トーストにサラダ、目玉焼きにスープ、
さらに珈琲が一つのトレイにのせられて運ばれてきた。

店内は、煉瓦や花のモチーフ、至る所に彫刻が飾られている。
席の間には仕切りのようなものがあって、周りが気にならず、
落ち着いて過ごせるところも良い。

訪れた日は良く晴れた日で、窓から差し込む光が眩しかった。
明るい店内でそれぞれの時間を過ごす人たちは皆幸せそうに見える。

帰り際に置かれていた伝票を見てみると、子馬、琥珀物語、と
別の店舗の名前が記されていた。系列店なのだろうか。

この時の旅ではどちらも外から眺めるだけになってしまったが、
これからは新幹線のおかげでいつでも来られるような気がしているので、
その時には1軒ではモーニング、もう1軒では珈琲を飲み、
ゆったりとした朝を迎えようと思った。

★住所:富山県富山市桜町1-4-22
★TEL:076-431-5135

富山・富山・ウィーンの森1

富山・富山・ウィーンの森2

富山・富山・ウィーンの森3

富山・富山・ウィーンの森4

富山・富山・ウィーンの森5

富山・富山・ウィーンの森6

富山・富山・ウィーンの森7

富山・富山・ウィーンの森8

富山・富山・ウィーンの森9

富山・富山・ウィーンの森10

富山・富山・ウィーンの森11

富山・富山・ウィーンの森12

富山・富山・ウィーンの森13

富山・富山・ウィーンの森14

富山・富山・ウィーンの森15

富山・富山・ウィーンの森16

富山・富山・ウィーンの森17

富山・富山・ウィーンの森18

富山・富山・ウィーンの森19

富山・富山・ウィーンの森20

富山・富山・ウィーンの森21

富山・富山・ウィーンの森22

富山・富山・ウィーンの森23

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。