純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

富山・西町・純喫茶 ツタヤ

昨年の秋に初めて訪れた富山はとても良いところだった。

もうすぐ新幹線が通り、便利になるため、観光客もますます増加し、
街の様子も少しずつ変わっていくのだろう。

すでに駅前は再開発の途中で、目指した純喫茶の幾つかは
姿を消してしまっていたが、それでも何軒かの素敵な店を訪問することが出来た。

電車模型が店内を走るブルートレインやゴージャスな洋館のようなウィーンの森、
外観が何ともノスタルジックなちんちら、スパゲティの美味しかったサイホン・・・。

これらの素敵な店については、また後日綴っていきたい。

まずは、富山で最も古い純喫茶 ツタヤのことを。
大正12年創業とのことだが、2010年にビルの建替えにより一度休業し、
2012年に現在の店舗にて営業を再開したと伺った。

残念ながら、昔ながらの様子を見ることは叶わなかったが、
外観のガラスに「純喫茶」という文字が残されていることに勝手に嬉しくなる。

店内は綺麗にまとめられてあり、さっぱりとしているが、
マスターは高齢の品のある方で、その佇まいから純喫茶らしさは十分味わえた。

珈琲とチーズケーキを待っている間、昭和の女優さんたちが多数掲載された
写真集を席に持ってきて眺めていた。

すると、マスターがこちらまで来て下さり、どの方が好みだ、この方が綺麗だ
といった話で盛り上がった。マスターは原節子さんがお好みのようだった。
私が気になったのは緑魔子さんだった。

珈琲はあっさりしていて飲みやすい。癖が強くなく、好みの味だった。

「どこから来たの?」「東京です。」「雨が冷たいね。」「雨でも富山はいいところですね。」

そんな話をぽつぽつとした。ガラス窓の向こうの風景を眺めながら。

内装はリニューアルされたが、純喫茶 ツタヤはずっとこの場所で
富山に暮らす人たちを見守ってきた。穏やかなマスターとあたたかい珈琲と共に。

訪れたことがないのになぜか懐かしい、純喫茶へ行くと浮かぶ感情がこの日もまた。

★住所:富山県富山市堤町通り1-4-1
★TEL:076-424-4896

富山・西町・純喫茶 ツタヤ1

富山・西町・純喫茶 ツタヤ2

富山・西町・純喫茶 ツタヤ3

富山・西町・純喫茶 ツタヤ4

富山・西町・純喫茶 ツタヤ5

富山・西町・純喫茶 ツタヤ6

富山・西町・純喫茶 ツタヤ7

富山・西町・純喫茶 ツタヤ8

富山・西町・純喫茶 ツタヤ9

富山・西町・純喫茶 ツタヤ10

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。