純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大阪・住吉・喫茶 コスモス

普段は東京で暮らしているので、近隣の純喫茶へ行くことが多いが、
それ以外の地域で最も多くの回数足を運んでいるのは、大阪と京都である。
用事があったこともあるが、多い時は年に10回以上も旅に出掛けていた。

大阪は、少し歩けば喫茶店が見つかるという素敵な場所だ。

そのため、何度訪れても違う純喫茶を見つけることが出来、
まだまだ全ての店を訪問することが出来ていない。

路面電車の住吉駅も何度か歩いていたため、ある程度の純喫茶は
把握しているつもりでいた。
しかし、商店街の中にも純喫茶があることは知らなかった。

店の名前は「コスモス」。
少し道幅の狭い商店街の左右を眺めながら歩いていたところ見つけた。

店の前にあるサンプルケースを一通り眺めてから扉を開ける。

カウンター席が数席、四人掛けのテーブル席が3つあったように思う。
壁は花柄で、点けられている照明がとても綺麗だ。

この時は、タマゴトーストにはまってしまい、そればかり食べているような
時期だったので、こちらでもメニューに見つけて喜んで注文した。

一見寡黙そうなマスターだったが、色々と質問をしてみたところ、
実に良く、楽しく答えて下さるお話好きの方だということが判明した。

話しながらも手はなめらかに動く。
運ばれてきたトーストは、トマトも挟まれボリュームがあって美しい。

思わず「綺麗ですね」と伝えると、「こういうところでやっていくからには
そういう驚きが何かないとね」とマスターは笑う。

毎日やってくる常連さんたちとの会話が段々と健康や病院の話になっていくこと、
マスターのお子さんのことなどを聞きながら、美味しいココアを頂く。

良かったらまたいらっしゃいね、というあたたかい言葉に、
すっかり旅先であることを忘れて私も頷く。

旅先であるのに、日常でもあるような、そんな大阪の純喫茶を好きだと思う。

★住所:大阪府大阪市住之江区粉浜3-17
★TEL:

大阪・住吉・コスモス1

大阪・住吉・コスモス2

大阪・住吉・コスモス3

大阪・住吉・コスモス4

大阪・住吉・コスモス5

大阪・住吉・コスモス6

大阪・住吉・コスモス7

大阪・住吉・コスモス8

大阪・住吉・コスモス9

大阪・住吉・コスモス10

大阪・住吉・コスモス11

大阪・住吉・コスモス12

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。