純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・梅ヶ丘・coffee 車

豪徳寺に用事があり出掛けた際に、帰りは梅ヶ丘まで散策した。

途中、ホットケーキで有名な「リトルツリー」を見掛けたり、
真ん中をハート型にくり抜いた素敵なホットケーキを出す珈琲店に寄ったりした。

梅ヶ丘駅周辺を歩くのは恐らく初めてのことだった。
有名な寿司屋の位置を確認した後、幾つかの珈琲屋を探して歩く。

その中の一つが、「車」という少し変わった店名の純喫茶だった。

こちらの看板を見た時、真っ先に思い浮かべたのは、初台駅近くにある
同名の純喫茶「車」で、珈琲を出す店なのに何故に「車」、それも二軒、と
マスターの店名に対する思い入れの共通点を聞いてみたいなどと考えていた。

ふらりと入ろうと思ったのだが、扉には「すぐ戻ります」と書かれたメモが貼られ、
あいにくマスターはどちらかに外出しているようだった。

せっかくなので近くを散策し、少しの時間を置いてからまた足を運ぶ。

戻ると入口のメモは消え、付近のテーブルで新聞を読む人の姿があった。
扉を開けて入っても良いかを尋ねる。にこやかなマスターが笑顔で振り向いた。

一番奥の緑色のソファに腰を下ろし、置いてあったメニューを眺める。
この日は既に何杯もの珈琲を飲んだ後だったので、レモンスカッシュをお願いした。

店内には何故かバイクが一台。マスターは乗り物が好きな方なのかもしれない。

運ばれてきたレモンスカッシュは、甘くなく一気に飲み干せる美味しさだった。

まるい檸檬の輪切りというのは、どうしてこうも美しいのだろう。
珈琲の琥珀色も良いが、檸檬にソーダの組み合わせもとても好んでいる。

それからしばらくして団体客が入ってきて、店は賑やかになった。
食事を注文した方のテーブルをちらりと眺めたが、それも美味しそうだった。

思う存分空間を味わった後、いつものようにマッチ箱を頂けないかとお願いする。
すると、レジの下から出てきたそのマッチ箱は、初台の「車」と同じデザインだった。

思わず、初台の喫茶店と同じデザインだが、何か繋がりがあるのかと確認する。
すると、にっこり笑ったマスターが「弟なんです、私が。あちらが兄の店。」と言った。

1時間ほど前に気になっていたことがこんなにも明瞭な形ですっきりした。
兄弟で同じ店名をつけ、違う場所で純喫茶を営んでいる、というのは素敵だ。

頂いたマッチ箱(初台で頂いた時からデザインが本当に気に入っている)を
大切に鞄にしまい、また今度寿司を食べた後に必ず寄ろう、と思った。

★住所:東京都世田谷区梅ヶ丘1-24-4
★TEL:03-3426-1735

東京・梅ヶ丘・車1

東京・梅ヶ丘・車2

東京・梅ヶ丘・車3

東京・梅ヶ丘・車4

東京・梅ヶ丘・車5

東京・梅ヶ丘・車6

東京・梅ヶ丘・車7

東京・梅ヶ丘・車8

東京・梅ヶ丘・車9

東京・梅ヶ丘・車10

東京・梅ヶ丘・車11

東京・梅ヶ丘・車12

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。