純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ

神奈川方面は、行ってみたいところは多々あれど、まだまだ
足を伸ばせていないのが現状である。

関内駅から少し歩いたところにある純喫茶 アミーコのことを知ったのは、
いつも純喫茶イベントに参加して下さる方が、何かの折にこちらのマッチ箱を
プレゼントして下さってからであった。

紺色の背景に赤と白の文字。とても素敵なデザインのマッチ箱だ。

それから数年後、業務でこの界隈を訪れる機会があり、
その時に偶然前を通りかかり、店の場所を知った。

しかし、その日は夜遅く、雨も降っていたので外観だけ眺めるだけに留まり、
入店は叶わなかった。そのことを少し悔やみ、近いうちに必ずと願っていた。

それから更に少しの時間が過ぎた先日、ようやく訪れることが出来た。

きっかけは近くにある純喫茶 WIENの閉店の情報を頂き、せめて最後に、
と出掛けたことだった。WIENについてもまだ綴っていない。こちらも後日に。

さて、念願叶ってアミーコの扉を開ける。
天井は紺色、椅子やテーブルは白色で統一されていて美しい。

カウンター席の近くのテーブル席に腰を下ろした。
頭上には、目玉を思わせるモチーフが飾られている。
テーブル毎にはトランプを模した絵柄の違う灰皿も。

こちらで注文するものは既に決めていた。太麺を使用したナポリタンだ。
WIENでサンドイッチを頂いたばかりだったので、空腹とは言い難い状態だったが、
純喫茶に来た以上、名物を食べずして店を出るわけにはいかない。

きびきびした女性二人で営まれているこちらの店は、どこかあたたかい。
ナポリタンを運んできて下さった女性は、終始淡々とした感じではあったが、
一口食べたナポリタンの感想を伝えると、ふんわりとほほ笑んだ。

純喫茶でナポリタンを頂くと、その店毎の個性があり、どちらも美味しい。
麺の太さも、ケチャップの量も、入っている具もそれぞれ違う。

アミーコのナポリタンは、正統派の太麺でケチャップの味がしっかりしていて、
具は玉ねぎにピーマン、ハムとなっていた。想像を超える美味しさにすぐ完食。

珈琲も一杯ずつ丁寧に淹れてくれ、とても美味しかった。

いつも思うことなのだが、こういう純喫茶が自分の暮らす地域にあったなら
どんなに良いだろう。それだけで少し沈んだ日も穏やかな気持ちになるのではないか。

帰り際にママと少し話す。こちらに長い間来たかったことを伝えると、
花のように笑い、貴重なマッチ箱を取り出し、一つ土産として下さった。

手のひらの中で大切に握ったその日のやさしい思い出を誰かに伝えるために、
こうしてせっせとブログにて記録しているのだと改めて思った。

★住所:神奈川県横浜市中区弁天通3-45
★TEL:045-201-8380

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ1

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ2

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ3

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ4

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ5

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ6

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ7

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ8

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ9

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ10

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ11

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ12

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ13

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ14

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ15

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ16

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ17

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ18

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ19

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。