純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・兜町・may

差し出された一つのマッチ箱がきっかけだった。

お世話になっている方が偶然こちらの喫茶店へ行き、
マッチ箱を集めている私へと貰って来て下さったのだ。

それから間もなく、東証のある兜町まで歩き、こちらの存在を確認したのだが、
早い夕方にその扉を閉じてしまうらしい店に灯りが点いていることはなかった。

思い立って平日の午後、休暇を取った際にこちらへも訪問しようと決めていた。

人形町散策の後、橋を渡り、東証を見上げる。
そのすぐ近くに自動販売機と同じくらいの幅の入り口があり、「氷」の暖簾が揺れていた。

少し重たい扉を開き、中へ入る。
店内には常連らしき女性と優しそうなママがにっこりと迎えて下さった。

テレビの音が流れている中を一番奥の席まで進む。

まだ暑い季節だったので、迷わずかき氷のミルク味を注文した。

待っている間、撮影の許可を請うとそこから何気ない会話が始まり、
ずっと前に頂いたマッチ箱の話に繋がった。

すると、「じゃあ持っていく?」と棚の上にあった段ボールを開けて、
まだ未開封のマッチが入った小さな箱をこちらに手渡してくれた。

私が持っていたのは緑色のマッチで、赤色のものもあることはこの時
初めて知り、ママはそれを綺麗に半分ずつ詰め替えてくれた。

先客だった女性も優しく、その様子をにこにこと見ていた。

思わぬ土産に嬉しくなり、席を立ったため、かき氷は少し溶けてしまったが、
橙色の空間で食べるそれはとても美味しかった。しゃりしゃりと喉を流れる。

しばらくするとマスターがどこからともなく戻ってきたので、
帰り際に何度も何度も御礼を言い、二人に見送られて店を出た。

振り返ると、氷の暖簾がふらりと風に舞い、そろそろ夏が終わるのだと思った。

★住所:東京都中央区日本橋兜町1-7 証券取引所裏
★TEL:03-3666-3953

東京・兜町・may1

東京・兜町・may2

東京・兜町・may3

東京・兜町・may4

東京・兜町・may5

東京・兜町・may6

東京・兜町・may7

東京・兜町・may8

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。