純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【10月末閉店のお知らせ】神奈川・保土ヶ谷・喫茶 トロンボ

いつも純喫茶コレクションをご覧頂きまして、本当にありがとうございます。

すっかり涼しくなり、心地良い秋を通り越して、すぐに冬になってしまいそうな
この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

あたたかい珈琲に、ほっと一息つける素敵な喫茶時間が愛しい季節です。

有楽町ビルヂング階段
写真は、先日喫茶「stone」を訪れた際の、有楽町ビルヂングの階段。
美しいタイルに圧倒され、いつもこちらでしばらく佇んでしまうのです。


さて、当ブログをご覧下さっている方よりご連絡を頂き、知ったのですが、
保土ヶ谷駅にある純喫茶「トロンボ」が50年の歴史に幕を閉じるとのことです。

今年の頭に、やはりブログをご覧下さっている方より、素敵な純喫茶がある、との
メッセージを頂き、すぐに訪れ、足を踏み入れた瞬間に虜になってしまった程美しい空間。

これからも何度も通いたい純喫茶である、と強く思っていただけに
閉店の知らせは本当に残念でしたが、タイミング良く昨日再訪することが出来ました。

そこへ到着するまでの昔ながらの商店街、ほっとする懐かしい外観、落ち着く照明、
やさしいマスターとママ、オリジナルのナポリタン、飾られた美しい絵と流れるクラシック…。

ずっとそこに居たくなるようなその空間をもう味わえなくなることが残念でなりません。
皆様も是非、一度保土ヶ谷まで足を伸ばして、こちらでひとやすみはいかがでしょうか?

ナポリタンも勿論ですが、バターたっぷりの厚切りトーストも美味でした。

保土ヶ谷駅に暮らす方たちにとって、こちらは本当に貴重な場所だったのでしょう。
マスターご夫婦、長い間本当にお疲れ様でした。僅か二度でしたが、訪問出来て幸せでした。

201310保土ヶ谷トロンボ 閉店1 201310保土ヶ谷トロンボ 閉店2

いつまでも変わらないものはない、と分かりつつも、無くなってしまうものに対しての
このもどかしい気持ちはどうにもならず、せめて記憶だけでも、と強く思いながらも進む。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。