純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

静岡・熱海・喫茶 ぐりむ

暑い暑い、と日々口癖のようになっていた夏でも、少し涼しい風が
吹く時期になると、勝手なもので終わってしまうことに寂しさを覚える。

外出が心地良い季節に向かっていくにつれて、どこか行きたい場所、と
考えた時、真っ先に思い浮かぶのはいつも熱海や鎌倉である。

散策の際、坂道の途中にあったこの喫茶店を思い出す。
店名は「ぐりむ」と平仮名で書かれ、頂いたマッチ箱には少年少女の絵があった。

初めて訪れた観光客には少し入りにくい雰囲気かもしれないが、何度か熱海を
訪れている純喫茶好きの方であれば、見つけた時に思わず微笑んでしまうだろう。

開かれた扉の中に入り、店主に挨拶をしてから、メニューサンプルのケースに
目をやる。こちらが店内にあるというのも珍しい気がする、と思いながら席へ進む。

まだ誰も先客のいなかった店内では、子供たちが寛いでいたが、店主の呼びかけにより、
外へ出ていってしまった。人にもよるのだろうが、そのような光景はその土地の暮らしを
眺めているようで私にとっては好ましいものなので、特に気になったことはないのだが。

昼食前で空腹だったが、食事は後にしようとソーダ水をお願いした。

少し経って、サンプルケースの中のものよりかなり鮮やかな緑色のソーダが
運ばれてきた。旅先ではつい注文したくなってしまう誘惑の色だ、と思う。

何となく熱海の空気に自分が馴染んできたように感じて、そろそろと店を出る。

日帰りではあるが、これから始まる楽しい純喫茶巡りに、訪れる度ときめいている。

★住所:静岡県熱海市咲見町7-27
★TEL:0557-83-2931

静岡・熱海・ぐりむ1

静岡・熱海・ぐりむ2

静岡・熱海・ぐりむ3

静岡・熱海・ぐりむ4

静岡・熱海・ぐりむ5

静岡・熱海・ぐりむ6

静岡・熱海・ぐりむ7

静岡・熱海・ぐりむ8

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。