純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大阪・なんば・珈琲艇 キャビン

道頓堀川に浮かぶ純喫茶でモーニングを食べよう、そう決めていた。

店名は「珈琲艇 キャビン」。その響きにうっとりする。

店の存在は以前から知っていたが、この度訪れることが出来たのは、
大阪駅前ビルの「マヅラ」での純喫茶ミーティングがきっかけだった。

旅に出る二日程前に、ツイッターにて小さな喫茶会の開催を呼びかけたところ、
直前にも関わらず数名の方が連絡を下さった。

あいにく、「調整がつかず参加できないが、またの機会があれば」とご丁寧に
連絡を下さった方もいた。その中の一名に薦めて頂いたのが、こちらのキャビンだった。

出掛けたのは6月の真夏日で、朝から雨降りの土曜だった。
なんば方面へは何度も出掛けた事があったが、キャビンの浮かぶ地域は初めて歩いた。

雨の中に霞むキャビンは美しく、地下へ降りる階段が一層海を感じさせる。

丁度良い明るさの照明が照らし、テラスへの窓は開け放たれていた。
木の床と赤いベロアの椅子は良く似合う。店内の至るところには船の模型が飾られていた。

カウンターの奥で作業をしていたマスターに挨拶をし、窓を見渡せる席に腰を下ろす。
向こう側に見える雨の粒とその音が心地良かった。

朝食としてホットドッグと温かい珈琲を頂く。店名の入ったカップで嬉しくなる。
ホットドックのキャベツはほんのりカレーの味がして、丁寧に作られていると感じる。

しばらくの間、船に揺られるようにのんびり本を読んでいると、いつの間にか
周りの席も人で一杯になっていたが、決して賑やかではなく海の底のように静かであった。

時間が許すならずっとここに居たい。

そのように思える喫茶店で、ここを訪問できた事に感謝した。

関西方面ならず、これからも旅に出る際はそちらにお住まいの方々と
喫茶店について少しながらも話が出来たら、と願う。

★住所:大阪府大阪市西区南堀江1-4-10
★TEL:06-6535-5850

大阪・なんば・キャビン1

大阪・なんば・キャビン2

大阪・なんば・キャビン3

大阪・なんば・キャビン4

大阪・なんば・キャビン5

大阪・なんば・キャビン6

大阪・なんば・キャビン7

大阪・なんば・キャビン8

大阪・なんば・キャビン9

大阪・なんば・キャビン10

大阪・なんば・キャビン11

大阪・なんば・キャビン12

大阪・なんば・キャビン13

大阪・なんば・キャビン14

大阪・なんば・キャビン15

大阪・なんば・キャビン16

大阪・なんば・キャビン17

大阪・なんば・キャビン18

大阪・なんば・キャビン19

大阪・なんば・キャビン20

大阪・なんば・キャビン21

大阪・なんば・キャビン22

大阪・なんば・キャビン23

大阪・なんば・キャビン24

大阪・なんば・キャビン25

大阪・なんば・キャビン26

大阪・なんば・キャビン27

大阪・なんば・キャビン28

大阪・なんば・キャビン29

大阪・なんば・キャビン30

大阪・なんば・キャビン31

大阪・なんば・キャビン32

大阪・なんば・キャビン33

大阪・なんば・キャビン34

大阪・なんば・キャビン35

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。