純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

神奈川・城ヶ島・cafe SEA SIDE HOUSE

暑い季節に外出するのは苦手だったはずなのだが、先日訪れた三崎を
とても好きになってしまい、また夏のうちに出掛けられたら、と思っている。

二日間、三崎港の街をふらふらと歩いているだけで楽しい気分になったのだが、
そこから出ている船に乗ってほんの数分程で到着する城ヶ島も素敵な所だった。

船を下りてすぐに、良い感じの土産屋が軒を連ねる。まぐろやしらすを食べられる
食堂も沢山あり、ついつい色々と覗き込んでしまう。

良い匂いに誘惑されながらもとりあえず海を眺められる所まで歩いてみた。

少しの坂道を上がると、遠くまで見渡せる景色の良い場所へ出た。

まだ6月だったが、暑い日だったせいか、もう泳いでいる人たちもいた。
他には釣りを楽しんだり、波を眺めている人たちの姿も。

そんな風にまるで夏休みのような光景をひとしきり眺めてから元の道を戻る。

途中、気になっていた食堂にて威勢の良い店の方に呼び込まれ、せっかくなので
生しらす丼を遅い昼食として食べた。洒落た店も嫌いではないが、このような店は落ち着く。

この時まで、すっかり喫茶店のことは忘れていた。というよりは、無いものと思っていた。

三崎港へ帰ろうと思った時には既に船の時間は終わっていたので、ガラスの中に
入った船の置物を買った土産屋でバスの時刻表を見て、とりあえず船乗り場まで戻った。

すると、どこかで見た外観と「cafe」という文字が視界に入る。

そういえば、鎌倉の「books moblo」の店主が三崎を薦めて下さった時に
「少し変わった喫茶店があるようだ」とPCにて見せて下さったのがここの喫茶店だった。

映画好きのマスターが営まれている店のようで、店の外に貼られたメニューを表す
ポスターには何故か様々な外国のスターが描かれている。

きちんと確認はしなかったが、こちらもマスターによるものなのだろうか。

入り口の前では猫が夕食をとっていた。それをよけながら扉を開ける。
営業しているかを確認すると、まだ大丈夫とのことだったので、ほっとして中へ入った。

気球の形をした灯りが海の近くの喫茶店に良く似合う、というのが第一印象であった。
他には、想像以上に飾られている映画のポスターや置かれている雑誌を眺めた。

冷たい珈琲に生クリームがのったものを注文し、歩き回って少し疲れた体を休める。
バスの時刻まであとどのくらいだろう、気にしつつもまだ帰りたくなかった。

あまりにも静かな店内で暑い海の余韻を感じながら、そんなことを考えていた。

★住所:神奈川県三浦市三崎町城ケ島671
★TEL:0468-82-3418

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE1

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE2

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE3

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE4

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE5

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE6

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE7

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE8

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE9

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE10

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE11

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE12

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE13

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE14

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE15

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。