純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大阪・本町・純喫茶 三輪

今回の関西旅行では、かねてからずっと行きたかった純喫茶に
ようやく訪問することが出来た。本町の船場センタービル内にある店だ。

店名は「三輪」。ゴージャス系純喫茶といったらこちらを思い浮かべる方も
多いのではないだろうか。赤い制服を纏ったベテランの店員さんたちが眩しい。

Meets Regional」という、関西を存分に楽しむためにいつも参考にさせて頂いている
雑誌があって、数年前に発行された純喫茶特集にもこちらが掲載されていたように思う。

定休日が日曜・祝日なため、遠方から訪れる身としてはなかなか機会がなく、
いつも涙を飲んで本町駅を通過していた。

しかし、今回の旅は金曜日からの日程であったので、タイミング良く訪問出来たのだ。

地下鉄を下り、そわそわした気持ちでビル内に入ると三輪よりも先に
何だか良さそうな純喫茶が視界に飛び込んできた。迷ったが、後回しにして
とりあえず三輪を目指す。見覚えのある紫色の看板が見え、嬉しくなる。

店内は想像以上に混み合っていて、どこに座ろうかと一瞬の間、迷っていると
念願の赤い制服のマダムが中央の空いている広い席に通して下さった。

写真を撮ったり、全体を隅々まで眺めたいため、自分では真ん中の席に腰掛けることは
ほぼない。その座席に少し戸惑ってしまったが、せっかくの好意を受け取ることにした。

入り口のガラスケースには沢山の飲み物や食事があったはずなのに、テーブルには
メニューは運ばれてこない。「何にしますか」と言わんばかりに堂々と待つ赤いマダム。

その迫力に押されて、「レモンスカッシュをお願いします」とだけ答える。
本当はフルーツパフェなどを頼もうかと思っていたのだが、それはまたの機会に。

座っていた席の隣には業務用の冷蔵庫があり、檸檬やチーズケーキが入っていた。
そこから手際良く補充していくマダムの作業を見ているのはとても楽しかった。

あまり時間も無く、十数分の滞在で後にしてしまったが、ようやくの思いを果たせて
ほっとしている。そして、次はもう少し人の少ない時間帯にのんびり過ごしてみたい。

★住所:大阪府大阪市中央区船場中央3-3-9
★TEL:06-6251-6777

大阪・本町・三輪1

大阪・本町・三輪2

大阪・本町・三輪3

大阪・本町・三輪4

大阪・本町・三輪5

大阪・本町・三輪6

大阪・本町・三輪7

大阪・本町・三輪8

大阪・本町・三輪9

大阪・本町・三輪10

大阪・本町・三輪11

大阪・本町・三輪12

大阪・本町・三輪13

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。