純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

北海道・小樽・純喫茶 光

あの素晴らしい空間を視覚にてお伝えすることが出来ないことが残念である。

先日の週末を利用して、北海道へ行ってきた。

沢山の地域へ旅をしている為、意外に思われるが、北海道へ行くのは今回が
初めてのことであった。目的はいつもと変わらず、札幌と小樽の純喫茶巡りだが。

憧れが過ぎてなかなか簡単に足を運べない場所、というのが自分の中に幾つかあって、
それは例えば、今回の北海道や神戸や横浜だった。

ずっと恋焦がれていた北海道は、ほんの一部もまわることが出来ていないが、
一言で感想を伝えるとするのなら、「本当に素晴らしい街だった」。

今回は、初めての訪問だった為、札幌市内と小樽の有名純喫茶を順々に巡った。

まずは、小樽の商店街にある純喫茶好きならば扉を開けずにいられない店のことを。

残念なことに、こちらの店は写真撮影が禁じられている。
あの美しい空間を記録したい人がほとんどだと思うが、ただただひたすら大人しく、
光景を目に、珈琲の味を舌に、焼き付けながら楽しむのが良いのだろう。

扉の向こう側には薄暗く心地良い空間が広がっていて、無数に吊るされたオイルランプが
出迎えてくれる。席を仕切るガラスケースには、素晴らしい珈琲の調度品の数々…。

撮影が禁止なのは、他の利用客に迷惑にならないようにという配慮が勿論優先とは思うが、
実際に小樽に来て体験してほしい、という思いも込められているのではないか。

ブログではこちらの二枚の写真しか紹介出来ないが、これから会う純喫茶好きの皆さんに
私は伝えてしまうだろう。「小樽へ出掛けたなら、まずは純喫茶 光はいかがでしょう?」と。

★住所:北海道小樽市稲穂2-11-8
★TEL:0134-22-0933

北海道・小樽・光1 北海道・小樽・光2

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。