純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・尾山台・COFFEE GARDEN FRONTIER(フロンティア)

唐突な話になるが、東急大井町線という電車がとても好きだ。

沿線に多くの純喫茶があるわけでもない。ただ、人々が暮らしている
様子を眺めることが楽しく、それに適している街に思えるからだ。

特に、平日の昼下がりの静かな車内に光が差し込んだ瞬間は、
それだけで幸せな気持ちになれる程である。

少し前になるが、等々力駅で用事があり、(こちらの駅からすぐに等々力渓谷と
いう緑が鬱蒼と茂る公園があり、散策にとても良い)途中下車した九品仏駅から
等々力まで歩く際に通った尾山台の商店街で見つけたのがこちらの喫茶店だった。

その日は立ち寄る時間もなく、気になりながらも通り過ぎてしまったが、
後日、今度はこちらを目当てに尾山台まで来てみた。

「ハッピーロード」と名付けられた商店街は、とても長閑で暮らしやすそうだ。
思わずその気もないのに、不動産屋のガラス戸に貼られた間取り図を眺める。

そうこうしているうちに「フロンティア」に到着した。

店名を飾る電飾のせいか、何となく喫茶店というよりは居酒屋であるように
思えてしまうが、扉を開けてしまえば、きちんと昭和感の漂う純喫茶であった。

思っていたより店内は随分広い。暖炉のようなものもあるし、
カウンター近くの席の「FRONTIER」と彫られた銅版も素敵であった。

メニューを一通り眺め、ナポリタンと珈琲のセットをお願いする。
その後ホットケーキも追加注文してしまったのだが。

ふと気が付いたのだが、店名の前には「COFFEE GARDEN」とある。
「COFFEE HOUSE」や「TEA ROOM」は良く見掛けるが、このような表記は
初めて目にしたので大変興味深い。どんな思いで付けられたのだろうか。

そんなことを考えているうちに、ナポリタンと珈琲が運ばれてきた。

シンプルながらもきちんと炒められた具財が混ざってとても美味しい。
そして、やはり純喫茶のナポリタンはどれ一つ取っても個性があり、楽しい。

店内入り口には珈琲にまつわる幾つかの雑誌が置いてあったので、
そちらを持ってきて読み耽っている間に、時間はどんどん過ぎていった。

身近にあって、気を張らずに過ごせる喫茶店というのはそれだけでとても良い。

次はカレーライスを食べようか、そんな幸せな空想をしながらきっとまた
大井町線でこちらを目指すのだろう。ほんの十数分の間、電車に揺られて。

★住所:東京都世田谷区尾山台3-22-8
★TEL:03-3704-1390

東京・尾山台・FRONTIER1

東京・尾山台・FRONTIER2

東京・尾山台・FRONTIER3

東京・尾山台・FRONTIER4

東京・尾山台・FRONTIER5

東京・尾山台・FRONTIER6

東京・尾山台・FRONTIER7

東京・尾山台・FRONTIER8

東京・尾山台・FRONTIER9

東京・尾山台・FRONTIER10

東京・尾山台・FRONTIER11

東京・尾山台・FRONTIER12

東京・尾山台・FRONTIER13

東京・尾山台・FRONTIER14

東京・尾山台・FRONTIER15

東京・尾山台・FRONTIER16

東京・尾山台・FRONTIER17

東京・尾山台・FRONTIER18

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。