純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・湯島・COFFEE LOUGE ペル

十数年前にその絵を拝見して以来、今もずっと好きな絵を描く人がいる。

その女性は山口めぐみさんといって、色合いの美しいあたたかい絵と、
やさしく美味しい料理や菓子を作ることを両立している才能溢れる方だ。

何度も何度も個展に足を運んでいるが、見る度にその魅力に惹かれてしまう絵と
いつも親切なめぐみさんにはプライベートでも世話になっている。

春一番の吹いた3月の始まりから、湯島にある「湯島食堂」というこれまた気になる
レストランで久しぶりの個展を開催される、という知らせを頂いたので早速出掛けてきた。
新しい絵も勿論だが、誘って頂いたオープニングパーティも楽しみにしていた。

そのレストランは建物自体も素晴らしく、自分がどこにいるのか一瞬忘れてしまう程、
非日常な空間だった。階段のカーブやドアの色、そこに彩りを加えるめぐみさんの絵も。

めぐみさんは以前、中野にある無国籍料理カフェ「カルマ」にて働かれていた。
私も随分通ったものだし、数年前には写真の展示をさせて頂く等大変世話になっていた。

(当時の写真展【並べる日々】の様子はこちら →  

会場には、店長の丸山さんを始め、カルマで良く見掛けて話していた方たち、
料理研究家の枝元なほみさん、ミュージシャンでもあり画家の原マスミさんなど
憧れの方たちも参加されていて、途中にはPoPoyansのライブまである豪華さであった。

余談になるが、「ノン子36歳(家事手伝い)」という映画の劇中の音楽を担当していた
「赤犬」というバンドが好きで、且つその主題歌がPoPoyansのものだった。

心がほどけるような数時間を過ごした。夢のように全てがあたたかくやさしい空気に
包まれていたのはめぐみさんの人柄や才能によるものだろう。

湯島に行かれる用事のある方や、気になった方には絵を見に出掛けて頂けたら、と
思う。湯島食堂の野菜だけで作られた食事も思わず笑顔になる美味しさだった。

山口めぐみさんの個展の詳細はこちら → 「山口めぐみ 春の展覧会 花
            
2013めぐみさん湯島食堂
玄関で迎えてくれた青色の美しい作品。いつまでも眺めていたくなる。


さて、その帰りに訪れた純喫茶の話も綴っておくことにする。

湯島食堂の近くの坂道を湯島駅に向かって下る途中に見つけた喫茶店には
パーティの後にお邪魔した。座席に敷かれた赤い座布団が気になったのだ。

カウンター席とテーブル席が幾つか、カウンター席では常連らしき方たちが
ママと談笑している。私は、入り口すぐのサンルームのような席に腰を下ろした。

少し喉が渇いていたので、レモンスカッシュを注文し、メニューを一通り眺めた後、
空腹ではなかったというのに思わずナポリタンもお願いしてしまった。

にこやかなママがカウンターに戻り、てきぱきと調理に取りかかる様子を見ていた。

一見である私に、カウンター席の皆は優しく、何かと話し掛けて下さった。
このようなあたたかさが純喫茶に夢中である理由の一つだ。

ナポリタンも酸味が効いているレモンスカッシュも美味しく、雨を眺めながら頂いた。

途中、窓の外を知人が通り、こちらに向かって大きく手を振ってくれたので嬉しくなる。
素敵なパーティーと純喫茶の余韻がいつまでも続き、なかなか眠れない夜になったのだった。

ちなみに今週いっぱいのようだが、「ペル」は湯島天神での梅まつりにて
出店されているらしい。お出掛けの方はそちらも併せて是非。

★住所:東京都文京区湯島3-23-10
★TEL:03-3831-9075

東京・湯島・ペル1

東京・湯島・ペル2

東京・湯島・ペル3

東京・湯島・ペル4

東京・湯島・ペル5

東京・湯島・ペル6
東京・湯島・ペル7

東京・湯島・ペル8
東京・湯島・ペル9

東京・湯島・ペル10

東京・湯島・ペル11

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。