純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・江古田・珈琲 林檎

先日、所用があり、西武池袋線の江古田で下車した。

「大学のある街は、良い純喫茶が多い」というのは今までの
経験からも分かっていて、こちらも期待を裏切らない街だった。

早朝だったため、まだシャッターの下りている商店街や市場通りを
抜け、昼になった頃、戻ってきたら大変賑わった様子を見ることが出来た。

目当てだった「モカ」や「Toki」は営業しておらず、「サントス」は
新しい住宅が建てられていてその姿も見ることが出来なかったが、帰り際に
ふらりと寄った「珈琲 林檎」も居心地の良い喫茶店だった。

緑に覆われた入り口からは中の様子が見えず、少し不安になったが、
珈琲が飲みたかったので扉を開ける。カウンター席と平行して縦に長い空間だ。

手前の小さな席に座ろうと思ったが、ママが「一番奥の広い席をどうぞ」と
薦めて下さったのでそちらに腰を下ろす。テーブルの上には、店名通り
林檎を模したつやつやとした置物(ペーパーウェイトだろうか)がある。

メニュー表も丸く切り取られていて可愛らしい。この日のケーキを尋ねると
チーズケーキだということだったのでブレンドコーヒーとのセットをお願いした。

一杯ずつ丁寧に淹れてくれているようで、すぐに良い匂いが漂ってきた。
運ばれてきた珈琲は苦味が強く、チーズケーキも濃厚で、どちらも美味しい。

そして、この店を気に入ってしまった最大の理由といえば、入り口近くにある
本棚に囲まれた小さな図書館のような席だ。様々な種類の本が並べられていて
日当たりも良く、許されるのなら何時間でもここで過ごせてしまえそうだった。

この日訪れることの出来なかった純喫茶へも再訪したいものだし、また春の日にでも
電車にゆらゆらと揺られてここでのんびりと過ごしたい、と思った。

★住所:東京都練馬区栄町39-1
★TEL:03-3991-4104

東京・江古田・珈琲 林檎1

東京・江古田・珈琲 林檎2

東京・江古田・珈琲 林檎3

東京・江古田・珈琲 林檎4

東京・江古田・珈琲 林檎5

東京・江古田・珈琲 林檎6

東京・江古田・珈琲 林檎7

東京・江古田・珈琲 林檎8

東京・江古田・珈琲 林檎9

東京・江古田・珈琲 林檎10

東京・江古田・珈琲 林檎11

東京・江古田・珈琲 林檎12

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。