純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「改装後訪問」 東京・御茶ノ水・画廊喫茶 ミロ

閉店、という言葉は勿論、「一時休業」という言葉も耳にした際、
心臓をぎゅっと掴まれるような気持ちになるものだ。

一年以上前になるが、御茶ノ水駅からすぐのとても細い道を入ったところにある
「画廊喫茶 ミロ」が改装のため、一時休業した。

その後、様子が気になってはいたものの、改装によって以前とは全く違う店内に
なっていたらどうしようか等、余計な心配をしているうちに時間が過ぎてしまった。

先日、思い立って御茶ノ水へ寄ってみた。もちろん目当ては「ミロ」だ。

少し緊張しながら小路に入ると、外観からはそう以前と変わっていない姿が見えた。
3色のひさしは、この日は閉じられていたのか、目にすることは出来なかったのだが。

以前の様子を正確に思い出せないが、扉のガラスの色が薄い水色になっていて
そこには「全席禁煙」を告げるシールが貼られていた。私には喜ばしいことだ。

店内の様子はというと、昔の面影を上手に残したまま、綺麗になったという感じで、
壁の色や照明が少し明るく感じるものの、違和感はほとんどなかったのでほっとする。

窓際の席に掛けられているカーテンは、ベージュ色から緑色に変わったが、
薄い桃色の椅子の背もたれにある白い布は健在だったのも嬉しい。
(改装前のミロの様子はこちら → 東京・御茶ノ水・画廊喫茶ミロ )

現在のミロにもこれから沢山の人が訪れて、時間が刻まれていくのだろう。
改装の理由は知らないが、閉店ではなく営業を再開して下さった事に感謝する。

注文したプリンと珈琲のセットをしみじみと味わっていると、とても感じの良い
女性が「改装後の開店から一年に対するプレゼントです」と珈琲の入った袋をくれた。

有難く受け取りながら奥を見ると、いつも通りママがきびきびと動いているのが見え、
この光景をこれから何度も見に来ようと思った。

★住所:東京都千代田区神田駿河台2-4-6
★TEL:03-3291-3088

2013東京・御茶ノ水・ミロ1

2013東京・御茶ノ水・ミロ2

2013東京・御茶ノ水・ミロ3

2013東京・御茶ノ水・ミロ4

2013東京・御茶ノ水・ミロ5

2013東京・御茶ノ水・ミロ6

2013東京・御茶ノ水・ミロ7

2013東京・御茶ノ水・ミロ8

2013東京・御茶ノ水・ミロ9

2013東京・御茶ノ水・ミロ10

2013東京・御茶ノ水・ミロ11

2013東京・御茶ノ水・ミロ12

2013東京・御茶ノ水・ミロ13

2013東京・御茶ノ水・ミロ14

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。