純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京都内の純喫茶 閉店のお知らせ

いつも純喫茶コレクションをご覧頂き、本当に有難うございます。

土曜日のニッポン放送「勇気のラジオ」をお聞き下さった方々、
有難うございます。私も18時前からそわそわと待ち、3月末で閉店を
迎えてしまう「ウエスト洋菓子舗」の目黒店にてイヤホンで拝聴しました。

目の前には運ばれてきた美しいショートケーキと珈琲、銀色のシュガーポット。
それらを前に上の空で過ごし、聞き終わった後にほっとして美味しく頂きました。

躍動感溢れる感じでお話される柏木さんとゆったりした相槌を打たれる渡部さんの
様子、そして優しくコメントを入れて下さる花田さんの空気感が素敵でした。

紹介された喫茶店は「神田・エース」「荻窪・邪宗門」「本郷・万定フルーツパーラー」、
「神保町・柏水堂」でした。私は柏水堂にご一緒したので、その時のエピソードも
楽しく聞かせて頂きました。当日話しかけて下さった女性にも感謝致します。

20132柏水堂
美しい柏水堂の店内。ステンドグラスは何度眺めても見惚れてしまいます。


さて。またもや悲しい閉店情報を幾つか耳にしましたので、お知らせです。

まず、先述しましたが、これから閉店を迎えてしまう「ウエスト洋菓子舗目黒店」


20132ウエスト目黒1 20132ウエスト目黒2
店内の様子とこの日頂いたもの。ウエストの店舗で一番好きなのは目黒店でした。

並びには映画館の「目黒シネマ」もございまして、見逃してしまった映画を
二本立てで安く見られるので、映画の余韻を味わう為に良く目黒店を利用していました。

惜しまれつつも2013年3月31日で閉店とのこと。まだ日がありますので、皆様も是非。
(当時の記事はこちら → 東京・目黒・ウエスト洋菓子舗 目黒店


さて、次にご紹介する3軒は、既に閉店してしまった純喫茶です。

1軒目は、書籍「純喫茶コレクション」にも掲載させて頂きました田原町の「純喫茶 みち」

年末に訪れた際には、何事もなく穏やかな時間が流れていたというのに何とも残念です。
ここしばらくはお邪魔出来ておらず、ブログをご覧下さっているみちの常連さんより
情報を頂き、ネット上にて閉店を確認致しました。近々様子を見に行こうと思っております。

(当時の記事はこちら → 東京・田原町・純喫茶みち (2012 再訪))

2013閉店 みち1 2013閉店 みち2
近くにある「ペリカン」のトーストが食べられる貴重な昭和空間でした。
(2013年1月27日 閉店)


2軒目は、池袋にある「珈琲 ささい」です。

なかなか訪れる機会の少ない池袋で、ほっと一息つける喫茶店を見つけた、と
当時喜んだものでした。その後、足を運べなかったことが悔やまれます。

優しく美しいママが淹れて下さった珈琲は花のカップに注がれて良い香りがしました。

(当時の記事はこちら → 東京・池袋・珈琲 ささい

閉店 池袋ささい1 閉店 池袋ささい2
ドラマなどにも使用された趣のある喫茶店でした。
(閉店時期 未確認)


3軒目は、茗荷谷にあった「喫茶 扉」です。

一度しか行けないままでしたが、代官山にあるとても個性的で珈琲も美味しく、
好きな喫茶店のマスターの薦めで行ってみたのが、こちらの「扉」でした。

マスターはその喫茶店の珈琲を愛し感銘を受け、店を開かれたとのことで、まだ開店したての
不慣れな様子でしたが、とても丁寧で美味しい珈琲を淹れて下さったことを覚えています。

その後、足を延ばせないまま閉店を知ることとなりましたが、ブログをご覧下さっている方が
所用の帰りに立ち寄るのが楽しみだったようで、私も残念に思います。

(当時の記事はこちら → 東京・茗荷谷・喫茶 扉

閉店 茗荷谷 扉1 閉店 茗荷谷 扉2
派手さはありませんが、珈琲の香りでいっぱいの落ち着く店内でした。
(閉店時期 2012年10月頃?との情報)


閉店の情報ばかり続いてしまいましたが、新しく素敵な純喫茶との出会いもあります。

そのことについてはまた後日。皆様の良い喫茶時間がいつまでも続きますよう。
そう願いながら今日もどちらかの喫茶店で珈琲を飲もうと思います。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。