純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【閉店】神奈川・保土ヶ谷・喫茶 トロンボ

季節や気分によって、出掛けたくなる場所や範囲が変わっていく。

例えば、暮らしている圏内からあまり動きたくないと思ったり、少しだけ遠くへ
出掛けたいと感じたり、新幹線や飛行機に乗ってでもとても遠くへ行きたくなったり…。

2013年に入ってからの自分には、「片道1時間以内」の場所へ訪れるのが
色々と負担がなく、とても心地良く楽しめる範囲であるように思う。

この3連休を利用して、思いついたように山梨県の甲府へ出掛け、またもや
素晴らしき純喫茶に出会ってきたのだが、その話は雪が溶ける頃にして、まずは
その前に出掛けた保土ヶ谷駅すぐの商店街にあった「喫茶 トロンボ」のことを。

神奈川方面は遠くないにも関わらず、今まではあまり下車することが少なかった。
目指す場所といえば毎回決まって鎌倉で、その途中で降りる機会がほとんどなかったのだ。

しかし、素晴らしい純喫茶があるという情報をブログをご覧の方より頂いたので
今回は保土ヶ谷駅周辺を新鮮な気持ちで散策することにした。

駅を出てすぐに、小さな屋根が連なる昔ながらの商店街が目に飛び込んでくる。
飾りに吊るされた色とりどりの造花が美しい。良い街だ、とすぐに思う。

トロンボの外観は先に写真にて拝見していたので、その光景がそっくり視界に
入ってきた際、何故だか懐かしいような気がしてしまった。初めて訪れたというのに。

外観から受ける期待を全く裏切らない素晴らしい店内は、時間帯が良かったのか
先客も無く、運良く独り占めすることが出来た。小さくて可愛い犬が迎えてくれる。

昼食がまだだったので、ナポリタンと珈琲のセットをお願いする。
ぐるりと見渡すと絵や床の絨毯、飾られた造花までバラのモチーフが多かった。

程好い音量で流れてくる音楽のほうへ目をやると、とても素敵な形のスピーカーが
掛けられ、その横では熊の彫刻がじっとこちらを見ている。

丁度良い大きさの店内の全てが素敵で、その空間を吸い込むように深呼吸をする。

そうしているうちにナポリタンが運ばれてくる。想像していたものと違って、
トマトが濃く、具はハムと玉ねぎとシンプルで、私にはとても好みの味だった。

食後には熱い珈琲をゆっくりと頂く。ぽってりとしたカップは手に良く馴染む。

しばらくすると常連らしき高齢の男性がやってきた。足取りが少し覚束ない様子なのが
気になって遠目で見ていたが、いつもの席なのであろうか、窓際の席にゆっくりと
腰を下ろしたその姿は、本当にこの店に自然に溶け込んでいて格好が良かった。

いつまでもここに居たい、ここへやってきた皆がそう思うのではないかと思う。
私も例外ではなくそう感じたのだが、またやって来れば良い、そう思い直して店を出る。

★住所:神奈川県横浜市保土ケ谷区岩井町54

(2013年10月 閉店)

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ1

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ2

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ3

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ4

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ5

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ6

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ7

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ8

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ9

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ10

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ11

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ12

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ13

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ14

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ15

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ16

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ17

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ18

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ19

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ20

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ21

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ22

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ23

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ24

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。