純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・蒲田・市美多寿(シビタス)

蒲田は昔から割りと頻繁に立ち寄る駅である。

東急プラザの屋上には、花の形をした可愛らしい観覧車があるし、
駅ビルも外へ出ても沢山の飲食店が並び、日常にちょうど良いからだ。

観覧車と同じビル内に「シビタス」というホットケーキで有名な喫茶店が
あるのは以前から知っていた。しかし、たまたまのタイミングなのか、
私が通る時は決まって賑わっていて、煙草の匂いに引き返してしまうことが多々あった。

先日、雨の降る夜に品川で用事を済ませた後、思い立って蒲田へ行ってみた。
勿論この日こそ、念願のホットケーキを食べるために。

やはり、こういうのも縁があるのだろうか。意を決して訪れたシビタスは
時間帯のおかげもあり、なかなか良い空き具合だった。

カウンターの見える席に座らせてもらい、店内のバターの甘い匂いを吸い込む。
髭をたくわえた渋くて男前のマスターが黙々とホットケーキを焼いているのが見える。

バターとメイプルシロップのみで食べる一番シンプルなホットケーキと珈琲を注文し、
メニューを下げに来て下さった店員に写真の許可を撮る。

メニューの写真を撮った後に店内を見渡すと、カメラの絵に赤いバツ印がついた紙が
壁に貼られていた。店内は禁止なのか、とタイミングを待ち、再度確認する。

すると「大丈夫です」ということなので、控えめにささっと店内の写真を撮り、
運ばれてきた焼き色の美しいホットケーキにナイフを入れる。

美味しい。感想もシンプルにそうなってしまう。外側はカリッと香ばしく、
中はふわっとしていて、バターだけで半分以上食べてしまった。シロップはほんの少し。

苦めの珈琲とまた良く合うので、あっという間に食べ終えてしまい、今まで
ここに訪れなかったことを少し後悔した。しかし、またすぐにやって来ればいい。

3月に惜しまれながら閉店してしまった神田の「万惣」の支店として始まったのが
この店の由来だと壁に書かれていた。懐かしい味がするのはきっとそのせいだ。

帰り際にマスターと目が合うと、「どうぞ沢山写真を撮って下さいね」と笑顔で
仰って下さったので、遠慮なく誰もいない店内の写真を数枚撮らせて頂く。

壁に注意書きはあるが、きちんと許可を取れば誰もいない場合は大丈夫ということだろう。

何度も御礼を言い、ホットケーキの甘い匂いを残しながら幸せな気持ちで店を出た。

★住所:東京都大田区西蒲田7-69-1蒲田東急プラザ 4F
★TEL:03-3733-5775

蒲田・シビタス1

蒲田・シビタス2

蒲田・シビタス3

蒲田・シビタス4

蒲田・シビタス5

蒲田・シビタス6

蒲田・シビタス7

蒲田・シビタス8

蒲田・シビタス9

蒲田・シビタス10

蒲田・シビタス11

蒲田・シビタス12

蒲田・シビタス13

蒲田・シビタス14

蒲田・シビタス15

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。