純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・大森・純喫茶 モナリザ

遠くへ行かなくともまるで旅先のように感じる空間がある。

大森駅の商店街から少しだけ道を逸れたところにある
「純喫茶 モナリザ」はそんな店だった。

ここを目指していたわけではなく、何度か訪れたことのある大森駅周辺を
ぐるぐると散策していたら、急に出会った。看板の灯りが遠くからでは確認
出来なかったので、営業しているのかどうか不安な気持ちで少し早歩きになる。

入り口付近の小さな席で外を向いて煙草を吸っていたマスターと目が合う。
突如視界に入った素晴らしい世界に、一瞬息をするのを忘れた。

マスターに会釈をして扉を開け、営業時間の確認をしてから中へ入る。

ブレンドコーヒーを、と言いかけて、やはりクリームソーダを、と言い直した。
この空間では鮮やかな緑色が映えると思ったのだ。

店内はそれほど広くは無いが、奥にある大きな鏡のおかげでとても広く感じた。
端の席でじっとしていると、どこかの温泉街へやって来たようだと思う。

しばらくして運ばれてきたクリームソーダとおしぼりの乗せられたトレイの美しさに
また胸が高まる。何度も何度も飲んでいるクリームソーダなのに、都度ときめいてしまう。

何枚か写真を撮らせて頂く間に、上へと続く階段を見つけたが、今は
開放していないようで残念だった。勝手な空想をして二階へも思いを馳せる。

束の間一人きりの空間だったが、扉が開き常連らしき方がやって来た。
慣れた風で席に腰を下ろし、「ホット」と一言伝えた。

その方がマスターと、映画や積極性に少子化、今日の雨のことなどについて話すのを
地下鉄の雑誌を読みながらぼんやりと聞いていた。

聞き慣れた地名がいくつも耳を通り抜け、ここは旅先ではなかった、と今更のように思った。

★住所:東京都大田区大森北1-9-5
★TEL:03-3761-3322

大森・モナリザ1

大森・モナリザ2

大森・モナリザ3

大森・モナリザ4

大森・モナリザ5

大森・モナリザ6

大森・モナリザ7

大森・モナリザ8

大森・モナリザ9

大森・モナリザ10

大森・モナリザ11

大森・モナリザ12

大森・モナリザ13

大森・モナリザ14

大森・モナリザ15

大森・モナリザ16

大森・モナリザ17

大森・モナリザ18

大森・モナリザ19

***************************************

当ブログ更新通知用のTwitterを登録しました。フォローやコメント、有難うございます。
たまにつぶやきます。どうぞよろしくお願い致します。
(アカウントは、『retrokissa』です。URLはこちら ⇒ 純喫茶コレクション

***************************************

***************************************

当ブログ『純喫茶コレクション』が書籍になりました。

詳細はこちらをご覧頂けると幸いです。→ 『純喫茶コレクション』書籍化のお知らせ

『純喫茶コレクション』 著者 難波里奈  PARCO出版 ¥1,680

【純喫茶コレクション】表 【純喫茶コレクション】裏

書店でお見掛けの際には、是非手に取っていただけたら光栄です。

あたたかい珈琲に生クリームを落としたウインナコーヒーが美味しい季節です。

***************************************

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。