純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

切り絵作家 成田一徹さんのこと

いつも純喫茶コレクションをご覧頂きまして、本当にありがとうございます。

昨日報道された様々なニュースで、ご存知な方も多いかも知れませんが、
バーや昔ながらの食堂の世界を美しい切り絵にて表現する作家の「成田一徹」さんが
14日、脳内出血のため都内の病院にて亡くなられた、とのことです。

成田さんの作品は以前から存じ上げていて、神戸の純喫茶 エデンを通じて知り合った
神戸の作家「芝田真督」さんがご紹介して下さったことにより、お会いする事が出来ました。
(その時の記事はこちらです ⇒ 成田さんと初めてお会いした日 )

つい数ヶ月前の8月に、東京駅近くのマルゼンにて個展をされていてそこへ伺い、
ご挨拶をした際にとても素晴らしい笑顔で「待っていたよ」と言って下さいました。

雑談の途中に、恐れ多くも自分の書籍『純喫茶コレクション』をお渡しすると
「ありがとう!ちょっと待ってて」とどこかへ行き、成田様ご自身の本をレジで清算し、
もう一度サインをして下さり「良かったらこれも」と贈って下さったのです。

その日の夕方に御礼のメールをすると「必ずどこかで酒をご一緒しましょう」と
嬉しい言葉を頂いたのはついこの間のようです。

古き良き昭和の素晴らしい老舗やバーにお詳しかった成田様。
今後、もっとたくさんの作品を拝見して、様々なお話を伺いたかったです。

ご家族やご友人、周囲の方の悲しみは計り知れません・・・。
成田様の作品がとても好きでした。心より、ご冥福をお祈り申し上げます。

2012.10.16成田さん

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。