純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

<再訪26・56ページ>東京・亀戸・コーヒー キャット

いつも純喫茶コレクションをご覧頂きまして、本当にありがとうございます。

早いもので来週にはもう9月になるのですね。皆様、いかがお過ごしでしょうか?
散策をしていたら、とんぼが飛んでいたり、夜には蝉以外の虫の声が聞こえたり・・・。

もう少ししたら、あたたかい珈琲もますます美味しく感じるのでしょう、と
その季節が待ち遠しくもあります。もう少しだけ夏の余韻を味わってから秋へ。

2012.08.25夕暮れ
夕暮れの色も少しずつ変わっていく。夏の空は毎日美しくいつまでも眺めてしまう。

***************************************

当ブログ更新通知用のTwitterを登録しました。フォローやコメント、有難うございます。
たまにつぶやきます。どうぞよろしくお願い致します。
(アカウントは、『retrokissa』です。URLはこちら ⇒ 純喫茶コレクション

***************************************

今回の再訪記録は、亀戸駅からすぐの昭和の香り漂う小道にある「キャット」です。

昔から、飲食店が軒を連ねる細い道がとても好きで、初めてここを見つけた時は
本当に胸が高鳴りました。あいにく、その日は営業時間を過ぎていたため、入店することは
叶わず、後日時間を改めて訪れた際の感動は今でもはっきりと思い出すことが出来ます。

一人でやって来てのんびり本を読むのも良いですが、こちらでは誰かと待ち合わせを
するのに利用出来たらとても素敵だ、といつも思います。

ちょうど昨年の今頃、当書籍の掲載許可をいただきに訪問する際、新潟より純喫茶好きの
友人が東京に来ていたので、この沿線の何軒かの純喫茶を共にし、ここへもお邪魔しました。

彼女も大変気に入ってくれたようだったので、とても嬉しくなったのを覚えています。

灯りが少し控えめな空間は静かで、青色の椅子に沈み込むようにしていると、
気持ちが落ち着くのです。カウンターの中で、にっこり笑ってくれるママも素敵です。

扉にかけられたカーテンを眺める入り口に近い席が好きで、訪問の都度こちらに座っています。
ガラス越しに見える飲食店の様子が、どことなくノスタルジックな風景に見えるのです。

秋になったら、またキャットへの訪問も兼ねて亀戸散策をしに行きたいと思います。
皆様も、有名な亀戸餃子(私は未訪ですが)の前後にこちらで一休みはいかがでしょう?

<再訪>亀戸・キャット1 <再訪>亀戸・キャット2 <再訪>亀戸・キャット3 <再訪>亀戸・キャット4 <再訪>亀戸・キャット5 <再訪>亀戸・キャット6

***************************************

当ブログ『純喫茶コレクション』が書籍になりました。

詳細はこちらをご覧頂けると幸いです。→ 『純喫茶コレクション』書籍化のお知らせ

『純喫茶コレクション』 著者 難波里奈  PARCO出版 ¥1,680

【純喫茶コレクション】表 【純喫茶コレクション】裏

書店でお見掛けの際には、是非手に取っていただけたら光栄です。

自分の好きな純喫茶を一つ一つ思い出す度、喫茶店はマスターの個性がぎゅっと
詰まった作品のようだなあ、と思います。珈琲代は入場料として「喫茶鑑賞」を。

***************************************

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。