純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

山梨・下吉田・喫茶 手利亜(てりあ)

以前、こちらでも触れたかもしれないが、当ブログはあまり時系列毎には
なっていない。一度の旅で、10軒程の喫茶店を巡るため、どうしても更新が
間に合わないまま、次の旅を迎えてしまう。記憶を行ったり来たりして綴っている。

暑い暑いと言っていても、あと数ヵ月後には冬がやって来る。
そのことが今はまだ実感がわかない。しかし、違う季節に訪れた喫茶店の写真を
眺めていると、その当時の空気や思っていたことなどを思い出すので面白い。

さて。昨年の12月に山梨の下吉田へ行った時のこと。
流れる景色の中に、「喫茶」という文字が見えた気がして、用事が済んでから
その道を戻った。近くには川もあって、向こう側には大きな富士山も見えた。

肌が切れそうな程の鋭い寒さの中、あたたかな灯りを点す喫茶店に辿り着いた。

扉を開けると、マスターは笑顔で「あと30分程で閉めてしまうけど大丈夫?」と言った。
問題ないことを伝え、外はとても寒いなど世間話を2.3言交わした。

店内があまりにも暖かかったためだろうか、良く覚えていないが、写真を見ると
アイスコーヒーを注文したようだ。寒さが落ち着いたら喉が渇いたことに気が付いたのか。

テーブルに置かれていた砂糖入れの容器のイラストがとても可愛らしく、ずっと見ていた。
赤い花と少女、小鳥、そして美しい詩が書かれていた。その横に「やなせたかし」と
あった。あの有名な人気漫画の作者だ。とても味のある好みの絵だった。

20分程で珈琲を飲み干し、マスターにマッチ箱を頂いてから外へ出た。
すっかり忘れていたが外は更に寒くなっていて、熱い珈琲を飲もうと次の喫茶店を目指した。

★住所:山梨県富士吉田市下吉田772-3
★TEL:0555-24-3517

下吉田・手利亜1

下吉田・手利亜2

下吉田・手利亜3

下吉田・手利亜4

下吉田・手利亜5

下吉田・手利亜6

下吉田・手利亜7

下吉田・手利亜8

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。