純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大阪・阿倍野・コーヒーハウス 田園

松本の喫茶についてもまだまだ綴ることがあるが、ここ数年分の旅先の
喫茶記録も溜まってきてしまったため、ランダムに書いていくことにする。

さて。7月に訪れた大阪でのこと。阿倍野では、この喫茶店に入ることが目的だった。
彼是10年程前から存在を知っていたのに、タイミングが合わず未訪だった店である。

大通り沿いにあるにも関わらず、あまりにもさりげない外観に気が付かず、
一度は通り過ぎてしまった。再度、来た道を引き返すと今度は見付ける事が出来た。

店内は想像以上に広く、笑顔で迎えてくれたウエイトレスが奥の席を指し、
「あちらが涼しいですよ」と薦めてくれた。有難く気持ちは受け取りながらも、
人の少ない手前の席に座る。奥はちらっと見ただけだが、とても賑わっていた。

今では少なくなったウエイトレスの制服姿にしばし見惚れる。
赤い椅子や茶色の天井に馴染むようにだろうか、赤いワンピースが眩しい。

その赤色につられてしまったのかトマトジュースを注文する。タマゴサンドも一緒に。
珈琲はとても好きで、コーヒーカップの形を眺めることも好きであるが、
こう暑い日々だとどうしても冷たい飲み物を頼んでしまう。夏はまだ続く。

入店した際に、二階席への階段を見つけ、気にしていた。会計時に尋ねてみると、
今は開放していないとのこと。残念であるが、壁のタイルの色や吊るされた照明の形、
二階に広がるであろう喫茶空間に思いを馳せて満足した。

今では少なくなってしまったこの規模の喫茶店で、何気無い日常のひとときを
過ごせる阿倍野周辺の人たちを羨ましく思いつつ、戴いた真っ青なマッチ箱を見つめた。

★住所:大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋2-4-45
★TEL:06-6622-6776

阿倍野・田園1

阿倍野・田園2

阿倍野・田園3

阿倍野・田園4

阿倍野・田園5

阿倍野・田園6

阿倍野・田園7

阿倍野・田園8

阿倍野・田園9

阿倍野・田園10

阿倍野・田園11

阿倍野・田園12

阿倍野・田園13

阿倍野・田園14

阿倍野・田園15

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。