純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・日暮里・珈琲 デュエット

先日惜しまれながら閉店してしまった、日暮里にある喫茶 エリカには、
日暮里駅に着いてまっすぐ向かうはずだった。しかし、歩いても歩いても
想像していた通りが見えてこない。

持っていた地図を見返し、近くを歩いていた方に尋ねるとどうやら道を
一本間違えたまま来てしまったらしい。暑い日差しの中、来た道を戻ると、
途中の横道に「珈琲」の文字を見つける。思わず寄り道をする。

可愛らしい外観の「デュエット」という喫茶店には、「スナック」の文字も
あったが、営業中の札がかかっていたので扉を開ける。あまりにも喉が渇いていた。

いらっしゃい、にっこりと笑顔で迎えてくれたママとカウンターの中で黙々と
作業をするマスター。天井は鮮やかな赤で、奥にはミラーボールも吊るされていた。

一番奥の席に腰を下ろそうとすると、「こちらのほうが涼しいわよ」と大きな
テーブルを薦めて下さった。有難くそちらの席に移る。冷房の風が涼しい。

最初、エリカにて昼食をとる予定だったため、冷たい飲み物でもとメニューを
眺めていると「ランチはこちら。どれも美味しいよ」とママが微笑んだので、
こちらで食べよう、とカレーライスをお願いする。ミートソースにも惹かれたのだが。

運ばれてきたカレーライスは優しくてほっとする味。熱い味噌汁に汗を流しながらも
美味しくいただく。食べている間、テレビには往年活躍していた歌手が写っていた。

その番組を眺めながら、昔の思い出を交えて色々と話してくれるママの話を聞く。
マスターはたまに頷く以外はずっと微笑んでいた。仲の良さそうなお二人だ。

デュエット、という店名から喫茶よりもスナックを想像してしまうが、もう随分前に
スナックとしての営業はやめてしまったらしい。当時の名残のミラーボールはそのまま
残してあって、それ珍しさにテレビ撮影などがちょくちょくやって来ると聞いた。

レモンティを飲み終えた頃、汗はひいていてすっかりこの心地よい空間に馴染んでいた。

ふらっと見つけた喫茶店だったが、これだから道に迷うのも楽しくなってしまう。

次はここを目指してまっすぐやってこよう、そう思ったのだが、
方向音痴の私は既に次回無事ここへ辿り着けるか不安になっている。

★住所:東京都荒川区東日暮里5-22-7
★TEL:03-3806-2228

日暮里・デュエット1

日暮里・デュエット2

日暮里・デュエット3

日暮里・デュエット4

日暮里・デュエット5

日暮里・デュエット6

日暮里・デュエット7

日暮里・デュエット8

日暮里・デュエット9

日暮里・デュエット10

日暮里・デュエット11

日暮里・デュエット12

日暮里・デュエット13

日暮里・デュエット14

日暮里・デュエット15

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。