純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大阪・阿倍野・喫茶 スワン

5月の関西旅行の記録をまだ綴り終えていないが、先に7月の旅を振り返る。

今回は一泊二日と短い上に猛暑にやられ、あまり歩き回ることが出来なかった。

予定では、一日目に本町の純喫茶をいくつか訪問するつもりでいたのだが、
調査不足のため、船場センタービルが日曜・祭日に閉まっているとは知らなかった。

残念ながら、その後一軒の純喫茶も見つけることが出来なかったが、翌日に期待した。
二日目は、阿倍野・天王寺界隈を隈なく歩きたいと思っていた。良く行く好きな街を。

しかし、想像を絶するほど暑い一日になり、少し歩いては日陰を探すような、
そんな繰り返しだった。どうしたらいいものか、と阿倍野駅を出た時に
大きな通りを挟んだ向こう側に「喫茶 スワン」の文字が目に入る。

京橋と阿倍野に店があるのは知っていたが、きちんとした場所を調べていなかったので
このような流れで行く機会が出来てとても嬉しい。もちろんまっすぐにここを目指す。

店内は夢のように涼しく、しかも二階の奥には禁煙席もある。
冷房の前の席に座り、束の間の涼しい風を浴びる。メニューを一通り見て、
青いシロップのかかったパフェも気になったが、ミルクのかき氷を注文する。

運ばれてきたかき氷の上には、緑色のゼリーとさくらんぼとみかんが
載せられていて、何だか喫茶店らしいかき氷の見た目が素敵だった。

冷たい氷を一口ずつ口に運ぶ度に、甘さも手伝って疲れがとれていくようだ。
眩しすぎる外の光を眺めながら、しばらくここで過ごした。
隣には男の子とお父さんがにこにことパフェを食べていて、その光景にも和む。

すっかり身体も冷えた頃、また次の純喫茶を探そうと気力がわいてきた。
レジから何気なく上を見ると、水を弾く可愛らしい絵の白鳥が数羽描かれていた。

ここでいただいたマッチ箱も大変素敵なデザインだった。次は京橋店にも出掛けたい。

★住所:大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-3-19
★TEL:06-6624-4337

阿倍野・スワン1

阿倍野・スワン2

阿倍野・スワン3

阿倍野・スワン4

阿倍野・スワン5

阿倍野・スワン6

阿倍野・スワン7

阿倍野・スワン8

阿倍野・スワン9

阿倍野・スワン10

阿倍野・スワン11

阿倍野・スワン12

阿倍野・スワン13

阿倍野・スワン14

阿倍野・スワン15

阿倍野・スワン16

阿倍野・スワン17

阿倍野・スワン18

阿倍野・スワン19

阿倍野・スワン20

阿倍野・スワン21

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。