純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

暑中見舞いと思い出になった二つのこと

いつも純喫茶コレクションをご覧頂きまして、本当にありがとうございます。

梅雨も明け、驚くほど暑い日々が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
先日の連休ではそれぞれ楽しい時間をお過ごしだったことと思います。

私は、急遽また大阪へ出掛けてきました。今回は目的のある旅です。

というのは、昨年から相次ぐ純喫茶の閉店に重なり、ずっと好きで大切にしていた
ものが2つほどそれぞれの一区切りをつけ、新しい道へ進み始めたのです。

まず一つは、「ANATAKIKOU(アナタキコウと読みます)」という大阪発信の
素晴らしく美しいメロディの歌を歌うバンドから、ドラムの藤井さんの脱退。

純喫茶を好きになったきっかけは、もう少し前のことですが、昭和を感じさせる空気や
綺麗な文字の羅列に惹かれ始めたのは彼らの音楽のおかげでした。

旅をたくさんするようになったことも。それぞれの土地の思い出は珈琲と結びつき、
今までの10年間の私にどれだけの影響を与えて下さったか、計り知れません。

彼らの音楽は続いていきますが、一区切りの瞬間が見たく大阪までふらっと。
猛暑日の中、訪れた純喫茶の話はまた後日に。(今回は、天王寺と阿倍野界隈のみでした。)

次に、珈琲つながりということで純喫茶とは違うのですが、下北沢にあったカフェ
CICOUTE CAFE 」の閉店。こちらも10年ほど通っていたとても大切な場所でした。

いつ訪れてもまったくぶれのない食事と珈琲を提供して下さり、その美しい盛り付けや
味に何度うっとりしたことでしょう。その場に溶け込むように静かに過ごすのが好きでした。

営業最終日直前に再度訪れることが出来ましたが、あの美しさを保ったまま
思い出になるのならそれもそれで良いのかもしれない、と思わせる空間でした。

年月が経ち、自分も何かしら変わっていっているのですから、周りには常に同じで
いてほしいと願うのは我侭なことなのかもしれません。それでも好きなものには
ついついそう思ってしまうのですが・・・。

変わっていくもの、無くなってしまうもの・・・。出会えているうちに十分に大切に出来たら
後悔はないのではないかと思いました。純喫茶も然り。現在営業して下さっている喫茶の
皆様に感謝を示し、これからもふらり純喫茶散策の記録をここでお伝え出来たら、と思います。

今後とも純喫茶コレクションをよろしくお願い致します。

RIMG4129.jpg
大好きなANATAKIKOUのCDたちと東京ライブの前に寄った「名曲喫茶ライオン」のプログラム。

RIMG3957.jpg
またどこかで出会えることを願って。チクテのサラダとマフィンのセット。

RIMG4125.jpg
旅から戻ると届いていた素敵な暑中見舞い。木版画作家・石井信久さんより。感謝。

***************************************

当ブログ『純喫茶コレクション』が書籍になりました。

詳細はこちらをご覧頂けると幸いです。→ 『純喫茶コレクション』書籍化のお知らせ

『純喫茶コレクション』 著者 難波里奈  PARCO出版 \1,680

【純喫茶コレクション】表 【純喫茶コレクション】裏

書店でお見掛けの際には、是非手に取っていただけたら光栄です。

これから続く猛暑日。水分補給に偶然見つけた純喫茶で一休みはいかがでしょう?

***************************************

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。