純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

<再訪15・40ページ>東京・人形町・レモン と改装のお知らせ

いつも純喫茶コレクションをご覧頂きまして、本当にありがとうございます。

「ペルルを惜しむ会」への皆様からの反応を嬉しく思います。
ふらっと珈琲を飲みに、そんな気軽さでペルルを見届けられたなら。

関西方面にお住まいの方からのメッセージも感激しております。
いつか、関西地区でも純喫茶好きの方とお話出来たら、と願います。


さて。昨日はレモンに始まり、レモンで終わる素晴らしき一日でした。
その話の詳細を綴る前に、また悲しいお知らせが飛び込んできました。

一つは、「北千住 ティーサロン みゆき」の突然の閉店です。

あまりにも美しいその空間に夢中になった方は多いのではないでしょうか?
私もその一人でした。昨日早速出掛けてきましたので、その話は明日にでも。

ちなみに閉店日は、当初6月22日の予定でしたが、工事の関係で月末ぎりぎりまで
営業するかも、とのことです。お出掛けの前には、電話にてご確認下さい。

もう一つは、「人形町 ハンバーガーとコーヒー レモン」の外観部分改装の
お知らせです。昨日、みゆきに行こうと計画した際に、せっかくなので
久しぶりにレモンで一休みをしてから行こう、と思い立ったのです。

お昼時、有名な親子丼を目当てに賑わう老舗を横目に、たまご色のここを目指します。

レモン のカーテンは相変わらずふわりと揺れて、カウンター中心にいる
可愛らしいママも同じようにふわりと微笑むのでした。

扉を開けてすぐに書籍へのご協力の御礼を伝えたら、「ちょうど良かった。来週から
外観を変えてしまうのよ」とのこと。どういうことかと聞くと、ひびの入っている
大きなガラスを同じ物に換えることが出来ないので、一部壁にしてしまうとのことでした。
(内装はそのまま、ということなので少しほっとしました。改装は6月20日からです。)

改装の前の姿をもう一度見ることが出来て良かった、とタイミングの良さに感謝しながら
お気に入りの左側の席に座り、オムレツカレーとレモンスカッシュをお願いしました。

手際良くママが作るオムレツカレーは、卵がふわふわとカレーも美味しく安心する味です。
どうしてここは、いつ来てもこんなにほっとするのだろう、と心を解くひととき。

こんな風にレモンで始まった一日は、夜に吉祥寺の「アムリタ食堂」という
素敵なタイ料理の店にて行われた『次松大助』さんのライブにて締め括られました。

次松さんは「THE MICETEETH.」というとても好きなバンドの方で、解散してしまった
現在も美しいピアノと歌でうっとりする空間を提供して下さいます。

なぜレモンか、というと、彼の歌の一つに「レモンの花が咲いていた」というタイトルの
素晴らしい歌があって、今回も少しふわふわした気持ちでそれを聞くことが出来たからです。

「♪君が笑うから つられて可笑しくなった」 その空間にいた人を見渡すと皆幸せそうな
笑顔をしていました。それを見てこちらも楽しくなって笑います。そんな素敵な夜でした。

<再訪>人形町・レモン1 <再訪>人形町・レモン2 <再訪>人形町・レモン3 <再訪>人形町・レモン4 <再訪>人形町・レモン5 <再訪>人形町・レモン6

***************************************

当ブログ『純喫茶コレクション』が書籍になりました。

詳細はこちらをご覧頂けると幸いです。→ 『純喫茶コレクション』書籍化のお知らせ

『純喫茶コレクション』 著者 難波里奈  PARCO出版 \1,680

【純喫茶コレクション】表 【純喫茶コレクション】裏

書店でお見掛けの際には、是非手に取っていただけたら光栄です。

***************************************

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。