純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・亀戸・珈琲道場 侍

まだまだ関西地区の喫茶巡りは続くのだが、少し間を置いて東京の喫茶の話を。

総武線で千葉方面へ向かう度に、ホームから見えるこの喫茶店へ行かなくては、
と思っていた。店名は「侍」、カウンターにはロッキングチェアがずらりと並ぶという。

たまに新橋で集うとても好きな友人(料理上手で話上手、幼い頃亀戸方面に
住んでいた影響なのか分からないが、割と大きいカメを大切に育てている)が
ここへ訪れた時の話も大変興味深いものであった。

先日、「亀戸 キャット」と「平井 ワンモア」再訪の際に、念願のここへも訪問出来た。

珈琲道場、と書かれた階段を次々に上がっていくと、入り口付近にも侍のイラスト、
扉を開けると縦に細長い店内はたくさんの人で賑わっている。やはり皆揺れながら
珈琲が飲みたいのか、カウンター席を中心に埋まっている。

せっかくなのでロッキングチェアに座りたいが、混雑していたため日を改めようか、と
思っていたところ、にこやかでとても感じの良い店員さんが一番奥の席が空いていることを
示して下さった。喜んでそこへ向かう。ちょうど逆光に照らされた窓枠が自分の著書の
表紙と似ていて勝手に嬉しくなる。(窓の透明と窓枠の茶色がそう見えるだけなのだが)

手渡されたメニューには、面白い珈琲の名前がたくさん並んでいる。「ローズ珈琲」や
「ブルーベリー珈琲」「マスカット珈琲」など。一体どんな味がするのだろうか。

今回は、無難にバナナジュースを注文した。すると運ばれてきたトレイを見て驚く。
通常のバナナジュースの他に、バナナパフェのようなものが並べられている。
聞くとこちらで一セットで、オレンジジュースを注文した場合も同様に出てくるという。

見た目にも可愛らしいバナナセットは人気商品のようで、ちらりと近くの席を見渡すと
たくさんのテーブルに同じトレイが並べられていた。せっかくなので、アイスコーヒーも
注文。こちらは、良く冷やされた銅のカップに入れられた正統派の珈琲。とても美味しかった。

雑誌を取ってきてしばらくの間、ゆらゆらと揺れたり、窓の外を眺めたり。
写真を撮らせていただいたおかげか、チーフマネージャーであるママが話し掛けて下さり、
色々と話を聞いた。一階の看板には「創業二十年」とあったが、もう三十二年になるらしい。

テーブルに置かれた小さなメニュー表の裏の「営業時間 朝7:60~」の表記も面白い。
二人いた男性店員も大変感じが良く、男前だったので、いつも賑わう人気店なのも納得した。

ロッキングチェアで珈琲が飲める、という大きな個性がある喫茶店だが、それだけでなく
何度も足を運びたくなる店であった。なかなかブランコに乗ることもなくなった大人の今、
たまにはゆらゆらと揺れながらぼんやり過ごす時間というのも面白い。

★住所:東京都江東区亀戸6-57-22
★TEL:03-3638-4003

亀戸・侍1

亀戸・侍2

亀戸・侍3

亀戸・侍4

亀戸・侍5

亀戸・侍6

亀戸・侍7

亀戸・侍8

亀戸・侍9

亀戸・侍10

亀戸・侍11

亀戸・侍12

亀戸・侍13

亀戸・侍14

亀戸・侍15

亀戸・侍16

亀戸・侍17

亀戸・侍18

亀戸・侍19

亀戸・侍20

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。