純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

長野・上田・喫茶 能登屋

書籍『純喫茶コレクション』に掲載させていただいた上田の素敵な喫茶店
「甲州屋」さんから、先日荷物が届いた。(訪問時の記事はこちら ⇒ 甲州屋 )

嬉しく思い、早速封を開けてみると、美しい字で綴られた2枚の手紙と
マッチ箱に紙ナプキン、そしてママお手製のコースター(江戸時代の布で、
ご先祖が着用されていた物だったものらしい)が同封されていた。

何度も何度も読み返し、幸せな気持ちのまま眠り、次の日にすぐ御礼の電話をした。
マスターの後に電話に出たママ(訪問時にはあいにく不在でお会い出来ていない)は、
とても明るく、こちらが恐縮してしまうほど本のことを喜んで下さった。

今すぐにでも上田に行きたい、と伝えると「話したいことがたくさんあるから
是非いらして!」と仰って下さり、私の上田再訪問の熱はどんどん高まっている。

前回訪れたのは、雪の降る昨年の3月で、平日の休みを利用して泊りがけで出掛けた。

その時に宿泊したのは、駅から程近くにある驚くほど安いビジネスホテルだった。
確か一泊3500円くらいだったと思う。少し不安になりながらも、いつも旅先では夜遅くまで
散策をしていることが多いので、朝まで過ごせる寝床と風呂さえあれば困らないと思った。

実際訪れたビジネスホテルは想像よりずっと綺麗で、少しレトロでとても居心地が良かった。

そのホテルのすぐ近くにあったのが、「喫茶 能登屋」でチェックインまでの少しの時間、
冷たい手をあたためようと珈琲を飲みに入った。和風の店内は、緑茶のほうが似合いそう
であったが、当初の予定通り珈琲をお願いした。

やかんの水を沸かすためのストーブに手をかざしながら、とても優しそうなママと話した。
「これも食べていって」とテーブルに持ってきてくれたのは、艶々とした黒豆。

有難く口に運ぶとほっこりとやわらかく、甘すぎない豆の味が広がる。
ついつい珈琲を口元に運ぶ回数もすすむ。旅先でのこのような出会いが好きだと思う。

上田に来た目的(この時は屋代線に乗るため。悲しくも2012年春に廃線してしまった)や
行きたいと思っている店、歩きたいと思っている道のことについて色々と聞いた。

「寒いから風邪をひかないように」と笑顔で見送ってくれたママにもまた会いたいことだし、
未だ見ぬ純喫茶のためにも、近々上田行きの新幹線にふらっと乗ってしまおうかと考えている。

★住所:長野県上田市天神1-2-33
★TEL:0268-22-0505

上田・能登屋1

上田・能登屋2

上田・能登屋3

上田・能登屋4

上田・能登屋5

上田・能登屋6

上田・能登屋7

上田・能登屋8

上田・能登屋9

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。