純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

千葉・成田・珈琲チルチル

2012年になってから、初めて訪れたのは成田にある素敵な純喫茶だった。

例年は、大晦日を過ぎて元旦を迎えた深夜に初詣をすることが多かったのだが、
今年はそうしなかった為、松の内を越えた後日に成田山まで出掛けてきた。

賑わう参道を歩くのは楽しいことであるし、以前から成田の鰻を食べてみたいと思っていた。
そして、初めて行く土地ならばまだ見ぬ喫茶店にも出会えるであろうという期待があったのだ。

噂に違わずたくさんの鰻屋が軒を連ね、どこへ入ろうかと迷ったが、店先で捌いている様子を
眺めることの出来る有名らしい店の整理券をもらって、一時間ほど時間をつぶす。

寒さに挫け、熱い日本酒でも一杯飲もうかと考えていたところにこの店の看板が目に留まる。
酒屋に行きかけていた足を止め、すぐにその喫茶店の扉を開ける。「チルチル」の字体が良い。

参道の賑わいが嘘のようにそこは落ち着いていて、ちょうど良い配置でそれぞれが寛いでいた。

最初、冬の窓際に咲く向日葵の造花が飾られている席に腰を下ろしたのだが、
店内の写真を撮らせてほしいと話し掛けた親切な女性店員が「せっかくなのでカーテンが
写る席はどうか」と移動を薦めてくれた。それに従い、全体を見渡せる席に座り直す。

確かにその席から眺めるレースのカーテンは美しく、満足して写真を撮る事が出来た。

周りの様子にじっと耳を傾けると、それぞれが新年の良い天気の午後を楽しそうに過ごしている。
琥珀色に映るシャンデリアの光がきらきらと揺れて、今年も珈琲と一緒に暮らしていこうと思った。

★住所:千葉県成田市本町333
★TEL:0476-23-1435

成田・珈琲チルチル1

成田・珈琲チルチル2

成田・珈琲チルチル3

成田・珈琲チルチル4

成田・珈琲チルチル5

成田・珈琲チルチル6

成田・珈琲チルチル7

成田・珈琲チルチル8

成田・珈琲チルチル9

成田・珈琲チルチル10

成田・珈琲チルチル11

成田・珈琲チルチル12

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。