純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

兵庫・新開地・純喫茶 ニッポン

ちょうど一年前のこのくらいの気候の時に、新開地まで足を伸ばした。

神戸は以前から憧れの土地で、三宮など行きたい所がたくさんある故に、
きちんと計画を立ててから足を運びたいと思い、ふらりとは寄れないでいる。

神戸の地図や路線図を眺める日々を未だ続けているが、一度だけ三宮を飛び越えて
新開地へ出掛けてきた。そうして、ますますこの土地が好きになったのだ。

短い滞在時間ながら、古くから営業している素晴らしい喫茶店にもたくさん出会えた。
その中の一つがこれから記す、純喫茶 ニッポン だった。

帰る時間も近付き、名残惜しい気持ちで散策を続けていると一匹の猫を見つけた。
その可愛らしい姿を写真におさめようと、追いかけて路地裏に迷い込んだ時、
何とも胸が高まる看板を見つけた。純喫茶好きにはたまらない配色と字体だ。

店名から想像してどんなに個性的な喫茶店だろう、と期待しながら
前まで行くと、予想外に店内はあっさりとして綺麗な様子だった。

家族で経営しているのだろうか、とてもアットホームな雰囲気で迎えてくれた。
一つ段を上がった一番奥の席に腰を下ろし、レモンスカッシュをお願いする。

店名のイメージとは違いはしたが(開店当時はどんな様子だったのか気になるところ)、
ここもまた良い喫茶店だ、と檸檬色を眺めながらしみじみと噛み締める。

旅に出るといつも思うことだが、どの街にもだいたい喫茶店があって、
そこでは地元の人たちが寛いでいて、流れている日常の会話を耳に挟みながら
珈琲を飲み、改めて自分の暮らしを実感することがとても好きだ。

戻る場所があるからこそ行きたい場所がある。だからこそ旅は楽しいのだろう。
そんな束の間の非日常に、いつも色を添えてくれる喫茶店という存在を改めて有難く思う。

★住所:兵庫県神戸市兵庫区新開地3-4-2
★TEL:078-575-1527

新開地・ニッポン1

新開地・ニッポン2

新開地・ニッポン3

新開地・ニッポン4

新開地・ニッポン5

新開地・ニッポン6

新開地・ニッポン7

新開地・ニッポン8

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。