純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

長野・上田・coffee room Wataryo

もうすぐ唸るような暑さがやってくる。
あたたかい珈琲を恋しく思う季節が過ぎてしまうのが淋しくて、旅での冬を振り返る。

数ヶ月前に上田を歩いていた時は、まだ雪が舞って冷たい雨も降っていた。
傘を持つ手が段々と冷えて上手く動かなくなってきてしまったので、喫茶店を探す。

すると、COFFEE の文字を見つけたが、ちょうど向かい側に大きな郵便局も目に入ったので、
先に友人用と自分用の風景印をもらいに行く。押してもらった風景印は上田城と獅子?の図柄。

さて珈琲でも、と店の入り口に着いてみると営業時間外であったことが分かり、落胆する。
仕方なく、この日はあきらめ次の日の午後に再び向かってみた。

すると、今度はマスターの姿も見え、灯りも点いていたので気持ち早足で向かう。

350円と安いのに、とても丁寧に珈琲を淹れてくれるマスターの手元を眺めながら
いくつか喫茶店にまつわる話を聞いた。
こちらが同じような質問をしても、店ごとに返ってくる答えが違うから面白い。

この店の名前の由来は、綿 良 という繊維の老舗だったようだ。それでWataryo。
最初、看板を見た時にどんな意味を持つ店名か分からずにいたが、これですっきりとした。

一見寡黙そうに見えるマスターも話始めると、色々と語ってくれる方が多く、そんな風に
楽しい時間を過ごした後、にっこりと見送られるのが一番嬉しい。

これからもいくつもの笑顔と美味しい珈琲を求めて、喫茶店探しはまだまだ続く。

★住所:長野県上田市中央3-6-2
★TEL:0268-22-0129

上田・綿良1

上田・綿良2

上田・綿良3

上田・綿良4

上田・綿良5

上田・綿良6

上田・綿良7

上田・綿良8

上田・綿良9

上田・綿良10

上田・綿良11

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。