純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

長野・上田・ニュービーナス

旅先で必ず行う好きなことの一つは、日中のスナック街散策、である。

夜のしっとりした空気の名残を浮かべる朝の街では、ゴミを突付くカラスの鳴き声と、
まだ眠たいのかいつもよりのんびりと歩く猫の他には、誰かとすれ違うこともほとんど無い。

二ヶ月ほど前に訪れた上田でも、前日から気になっていたスナック街を目指し、昼前に向かった。

小さな店が軒並みを連ねたそこは、ぐるぐると歩き回っていると迷子になってしまいそうだ。
飽きることもなく、同じ店の前を3周ほどした後、喉が渇いたと唐突に感じた。

そんな時、まるで嘘のように視界に飛び込んできたのが、「喫茶」という赤い文字だった。

灯りも点いていないその店は営業しているのかも分からず、階段の下から覗き込んでいると
頭上の暗闇の中から急に声が聞こえたので、一瞬驚いて後ずさりをしてしまった。

もう一度そちらを見ると、掃除をしていた女性が笑顔で「何か用ですか」と問いかけてくれた。
珈琲を飲みたいことを告げると、「中へどうぞ」と扉を開けてくれたので安心して階段を上がる。

想像よりもずっと広くて薄暗いその店内は、誰もいないのに何故だか人の気配がした。
長い年月を重ねてきた喫茶店の独特の空気なのかもしれない。

点けられていたテレビの画面をちらっと見て、後は店内をずっと眺めていた。

冷たい珈琲だけ頼んでぼんやりとしていた私の机に、果物の乗ったお皿がすっと差し出された。
「食べて」と微笑んでこちらを見ていた女店主にお礼を言って「春の味がします」とだけ答えた。

出ようと立ち上がった時の「もう行ってしまうの?もっとゆっくりしていきなさいよ」という言葉に
後ろ髪を引かれつつも「また来ます」という社交辞令になりがちな一言を発してしまった。

すると「じゃあ、場所を忘れて迷わないように」と笑いながら渡してくれたのは、
マッチ箱と店の住所の入ったメニュー紙だった。嬉しいお土産をいくつも戴いて嬉しくなる。

この旅の当初の目的は、近々廃線になってしまう屋代線に乗ることだった。その日まで約一年。
東京に帰ってからもその紙を何度も取り出してはじっと眺め、また新幹線に飛び乗る日を思った。

★住所:長野県上田市中央3-9-7
★TEL:0268-27-5753

上田・ニュービーナス1

上田・ニュービーナス2

上田・ニュービーナス3

上田・ニュービーナス4

上田・ニュービーナス5

上田・ニュービーナス6

上田・ニュービーナス7

上田・ニュービーナス8

上田・ニュービーナス9

上田・ニュービーナス10

上田・ニュービーナス11

上田・ニュービーナス12

上田・ニュービーナス13

上田・ニュービーナス14

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。