純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

埼玉・東武動物公園・珈琲専門店 チロル

まだ夏が来るよりもずっと前に、動物園へ行こうと思っていた。

実際、電車に揺られて出かけてはみたものの、良く晴れた空を眺めながら
珈琲を飲むのも良い、と散りかけた八重桜を眺めた瞬間に思ってしまった。

偶然にも好きな音楽の流れるカフェを見つけて入り、のんびりと駅へ帰っていく人たちに
何度も視線を行ったり来たりさせていたら、あっという間に夕暮れが来てしまった。

夜を待つ間、動物園とは反対の地域をひたすらに歩いた。

大きな川でふと鴨川を思い出す。真夏のとても暑い京都。
桃色の空が、夜に連れていかれるのをただずっと見ていたのはもう一年も前のことだ。

そんな風に川沿いの道を歩いていると、「珈琲」という文字が目に入る。

ここでも一休みすることに決めた。店の周り中に散りばめられた店名の「チロル」を
一通り見てから、扉を開ける。
まず、目に飛び込んできたのは、珈琲豆の数種類並んだ棚だった。

良い匂いがする気がして、思わず深呼吸をする。

まだ少し日の入る窓際の席に座り、スパゲティのセットをお願いした。
確か千円以内の値段で、これだけのものがついてきたので驚く。スパゲティはバジリコにした。

優しそうなマスターが一つずつ丁寧に出してくれ、どれも美味しかったが、
特に食後に出てきた冷たい珈琲が印象的だった。
少しブランデーが入っていたのかとろりとしていて、生クリームがやさしい。

やっと涼しくなる季節に、閉園間際の動物園を目指して、ついでにここへも寄りたいが、
琥珀色の思い出をもうしばらくこのままにしておきたいような気もしている。

★住所:埼玉県北葛飾郡杉戸町杉戸3-9-16
★TEL:0480-33-1500

東武動物公園・チロル1

東武動物公園・チロル2

東武動物公園・チロル3

東武動物公園・チロル4

東武動物公園・チロル5

東武動物公園・チロル6

東武動物公園・チロル7

東武動物公園・チロル8

東武動物公園・チロル9

東武動物公園・チロル10

東武動物公園・チロル11

東武動物公園・チロル12

東武動物公園・チロル13

東武動物公園・チロル14

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。