純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・上野毛・カフェ アンバール

もうすぐ雨の降り出しそうな曇り空から逃げて、
琥珀色の喫茶店でぼんやりと考え事をしていた一年前には
想像していなかった今の毎日をそれなりに幸せだと思いながら、
上野毛にあるカフェ アンバールの写真を眺めていた。

東急大井町線は、平日の昼間に乗るととても気分の良い電車で
あてもなく、各駅停車の小さな旅にふらふらと出かけることが多々ある。

ゆらゆらと揺られて、いつまでも乗っていたいと思ったが、
唐突に呼ばれるように上野毛駅で降りてみた。

馴染みのない風景に高揚して、まずは珈琲でも飲もうと散策を始めた。

すると、少しも歩かないうちに珈琲の良い匂いと琥珀色の空間を見つけた。
誘われるように扉を開け、賑わっている店内の端の空席に腰を下ろす。

少し暑い季節だったので、メニューを一通り眺めた後、アイスコーヒーを注文する。
運ばれてきた銅製の器に喜ぶ。これで飲む飲み物がとても好きなのだ。

片隅に置いてあった本棚に、好きな旅の雑誌があったのでしばらくの間それを読んだ。

珈琲と本という組み合わせは何よりも幸せであると思う。

片道数百円の素敵な旅を、記憶の欠片でも良いから全て忘れないで覚えていたい。

★住所:東京都世田谷区上野毛1-13-9
★TEL:03-3704-8580

上野毛・カフェ アンバール1

上野毛・カフェ アンバール2

上野毛・カフェ アンバール3

上野毛・カフェ アンバール4

上野毛・カフェ アンバール5

上野毛・カフェ アンバール6

上野毛・カフェ アンバール7

上野毛・カフェ アンバール8

上野毛・カフェ アンバール9

上野毛・カフェ アンバール10

上野毛・カフェ アンバール11

上野毛・カフェ アンバール12

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。