純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・三軒茶屋・喫茶 セブン

ここをご覧頂いている方からの報せにより、緑に覆われた隠れ家のような喫茶店の
閉店を知っていくつかのことを考えたり、石ばしのふんわりとしたかき氷の冷たさを
思い出したりしていたら、あっという間に時が過ぎていた。

三軒茶屋は以前から良く訪れる場所だが、何となく勝手に
「もう古い喫茶店は存在しないもの」と思い込んでいたようで、
新鮮な目でキョロキョロと散策をしてみたら、まだまだ素敵な出会いがあった。

今回は、「セブン」という喫茶店の話。

駅からとても近い商店街の入り口に存在していて、この道は何度も何度も
通り過ぎてきたはずなのに、この日まで全く目に入っていなかったのだから
何とも不思議な気持ちになる。

扉の向こう側にはどんな空間が広がっているのだろう、といつものように
少し緊張して中へ入る。思ったよりもずっと広い店内が期待を裏切らない。

席は、どちらも小さな個室のようになっていて、
ゆっくり過ごすための喫茶店としては申し分無かった。

私が訪れた時間帯は、誰かと会話する人はいなく、皆それぞれの時間に
没頭しているように見えた。それを邪魔することのないよう私も端の席に腰を下ろす。

入り口のガラスケースに並べられた宙に浮くフォークの刺さったミートソースにもひかれたが、
この日は珈琲だけ飲むことにした。

一度で全ての楽しみを済ませてしまうのではなく、
また次に来るための楽しみを取っておこうと思ったのだ。

ふと伝票の後ろを見ると、「45周年」と書いてあった。
そんなにも前からここで営業していたということにまたしても驚かされた。

毎日のように通っている世界にもこんな風に、まだ見えていない景色があるのかもしれない。
この日は、そんなことばかりを考えていた。

★住所:東京都世田谷区三軒茶屋1-32-13
★TEL:03-3410-6565

三軒茶屋・セブン1

三軒茶屋・セブン2

三軒茶屋・セブン3

三軒茶屋・セブン4

三軒茶屋・セブン5

三軒茶屋・セブン6

三軒茶屋・セブン7

三軒茶屋・セブン8

三軒茶屋・セブン9

三軒茶屋・セブン10

三軒茶屋・セブン11

三軒茶屋・セブン12

三軒茶屋・セブン13

三軒茶屋・セブン14

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。