純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・東向島・珊瑚

誰かに、特技は何か、と尋ねられたなら、今まではうーんと
深く考え込んでしまっていたものだが、最近では、
喫茶店の看板を見つける速度や、街にこぼれる「珈琲」という
文字をもらさずに見つけられることではないか、と思っている。

そんなことを得意に思ってもあまり役には立たないかもしれないが、
少なくとも自分の毎日をだいぶ幸せにすることに貢献しているので、
これはこれで良いのかもしれない。

最近、ますます素敵な喫茶店に出会う確率が高い。
こういうのもタイミングがあるのだろうか。
同じ場所を歩いていても、以前は全く目に入らなかった景色が
嘘のように違う風景に見えたり、新しい何かを発見したり。

東向島も訪問回数の多い街だが、この喫茶店を見つけたのは
まだごく最近のことである。

海にまつわる店名の喫茶店は、今までどこも素晴らしかったので
(今は無き御徒町の渚や東向島のマリーンなど)、今回も
期待を寄せて扉を開ける。すると入り口から打ち抜かれてしまった。

またもやここへ通うためだけに電車に乗るような、そんな素敵な
空間がそこには広がっていた。深い緑色のビロードのソファが心地良い。

壁一面に飾られた銅版のレリーフや、窓から射し込む光の量や、
白い砂糖とコーヒーシュガーの入れられたぽってりとしたガラスの容器や、
おしぼりの載せられてきた透明のトレイ、そしてマダムの雰囲気にさえも。

たくさんの人がこの店で珈琲を飲むようになればいい、と思う。
一過的なものではなく、ひっそりとそれぞれのお気に入りの店として。

帰り道には、スカイツリーが見えた。日に日に大きくなるそれが
完成する頃、この街の景色はどう変わるのだろう。

変わらずに、珊瑚のソファにうずもれて琥珀色の時間が過ごせると良い。

★住所:東京都墨田区墨田1-9-10
★TEL:03-3610-3678

東向島・珊瑚1

東向島・珊瑚2

東向島・珊瑚3

東向島・珊瑚4

東向島・珊瑚5

東向島・珊瑚6

東向島・珊瑚7

東向島・珊瑚8

東向島・珊瑚9

東向島・珊瑚10

東向島・珊瑚11

東向島・珊瑚12

東向島・珊瑚13

東向島・珊瑚14

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。