純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・八重洲・イノダコーヒ 大丸店

「 三条へいかなくちゃ 三条堺町のイノダって云うコーヒー屋へね
あの娘に会いに なに好きなコーヒーを少しばかり 」


以前はあんなに頻繁に訪れていた京都へも、しばらく行っていない。
(とはいってもまだ前回の訪問から一年も経っていないのだが。)

冒頭に書いた高田渡さんの「珈琲不演唱」(コーヒーブルース)を口ずさみながら、
大好きな三条界隈のことを考えるのだが、もうしばらくは行けそうもないので、
せめて気分だけでも、と東京駅の大丸で友人と待ち合わせをすることにした。

大丸店が開店した当時、続けて何度か通ったがいつも混みあっていたので、
しばらく時間をおいて、今回は随分と久しぶりの訪問となった。

雨のせいか店内はガランと空いていて、好きな席が選べるのが嬉しい。
大きな窓から東京駅周辺の夜景が見渡せる窓の近くの席に腰を下ろす。

京都では、店に倣ってミルクと砂糖の入ったアラビアの真珠を注文するが、
この日は、ミルクも砂糖も入れないコロンビアのエメラルドとフレンチトーストにした。
真っ白の砂糖がふんだんにのせられていて甘くて美味しいのである。

運ばれてきた珈琲を一口飲むと、余計に京都へ行きたくなってしまった。
友人といろいろな話をしながら、心の片隅で京都を想う。

桜の季節は終わってしまったが、京都ならばいつ訪れても素晴らしい。
帰り道には、まだ行くあてのない旅のパンフレットをもらって帰る。

「三条へいかなくちゃ」 イノダの珈琲には、そう思わせる何かがあるのだ。

★住所:東京都千代田区丸の内1-9-1(大丸東京店8F)
★TEL:03-3211-0033

東京・イノダコーヒ1

東京・イノダコーヒ2

東京・イノダコーヒ3

東京・イノダコーヒ4

東京・イノダコーヒ5

東京・イノダコーヒ6

東京・イノダコーヒ7

東京・イノダコーヒ8

東京・イノダコーヒ9

東京・イノダコーヒ10

東京・イノダコーヒ11

東京・イノダコーヒ12

東京・イノダコーヒ13

東京・イノダコーヒ14

東京・イノダコーヒ15

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。