純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・立石・コーヒー&ピザ たんぽぽ

取り立てて新しいところはない。しかし、居心地が良い。

そんな喫茶店が、自分にとっては良い喫茶店だと改めて思ったのは、
ここで一時間ほど過ごした後のことだった。

少し薄暗い照明、ほどほどに愛想の良いマスター。小さめに流れる音楽。
苦い珈琲に、ゆったりと座れる椅子。種類の揃っていない漫画。
まばらに座り、それぞれの時間を過ごす人たち。賑やか過ぎない話し声。

簡単なようで、この条件が全部揃うのはなかなか難しい。

旅先では非日常であっても、毎日の中で訪れる喫茶店の時間は日常の一時である。
だからこそ、緊張することなく、穏やかに過ごせることが大切になってくる。

どんなに店内の様子が素敵でも、どんなに珈琲が美味しくても、緊張してしまう
空気が流れていると、そわそわとしてすぐに席を立ってしまうので満喫出来ない。

場合によっては、ある目的のために喫茶店に入ることもあるが、だいたいの場合、
ただそこでぼんやりと過ごすことが目的なのであった。

店にいる間は、ただいつものようにゴルゴ13を読んでいた。
珈琲を飲み終えて、少し雨の降る夕方の街へ出た頃、そんなことを思った。

★住所:東京都葛飾区立石7-23-13
★TEL:03-3694-9268

立石・たんぽぽ1

立石・たんぽぽ2

立石・たんぽぽ3

立石・たんぽぽ4

立石・たんぽぽ5

立石・たんぽぽ6

立石・たんぽぽ7

立石・たんぽぽ8

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。