純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・押上・珈琲 伽羅(きゃら)

先日、ここでも記した惜しくも閉店してしまった押上の喫茶店 モカを
出た後、当ても無く曳舟のほうへ散策を続けた。

モカの余韻に浸っていたかったので、この日はもう喫茶店には入らないつもりでいたが、
こういう時に限って、何とも魅惑的な喫茶店に出会ってしまい、「これじゃあ仕方がない」と
自分に言い訳をするように、店の扉を開けた。

シンプルな店内の作りに、数席のカウンター、赤い艶々とした木の椅子、白いレースのカーテン。
この種類の喫茶店には毎回ときめいてしまう。

しかも、カウンター席で新聞を読んでいた女性(常連なのかこの店の人なのか)も
珈琲を淹れに現れたマダムも、とても美しかったので何だか得をした気持ちになる。

一番奥の席は少し灯りが暗かったが、この日は何かを読むわけでもなかったので
そのままその席に座った。薄暗い感じが、この日の気分には合っていた。

運ばれてきた珈琲は、苦くて熱くてとても美味しかった。散策の疲れがすとんと抜ける。

控えめに流れる音楽を聴きながら、思った以上に長居をしてしまった。
帰り際に店内の写真を撮らせてもらい、カウンター席にもカメラを向けると、
マダムがこちらを見てにっこりと笑ってくれた。その写真は、この店への記憶を深くさせる。

入り口で光る熱帯魚の水槽が、何だか記憶にはっきりと残っている。不思議で良い店だった。

★住所:東京都墨田区押上3-22-8
★TEL:03-3613-8031

押上・伽羅1

押上・伽羅2

押上・伽羅3

押上・伽羅4

押上・伽羅5

押上・伽羅6

押上・伽羅7

押上・伽羅8

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。