純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・新大塚・純喫茶 エデン

喫茶店に入るタイミングというものは2つあって、気になる喫茶店の情報を得て
わざわざそこを目指して行く場合と、その街自体が目的で、散策をしているついでに
良い喫茶店を見つけてしまったときである。

最近は、散策の途中にふらりと見つけた喫茶店に入ることが圧倒的に多かったが、
今回はもう数年もの間気にしていた喫茶店だけを目指して、電車に乗った。

丸の内線の新大塚駅。下車するのは初めてのことで、しかも急に思いついたため
その喫茶店に関して知っていることは、店の名前と椅子の色が緑色であるということ
だけだった。しかし、すぐに必ず見つかるという勝手な思い込みがあって安心していた。

地下鉄を降りて地上に上がると、風が冷たい。大きな交差点をぐるりと見渡すと
それらしき店はなかった。商店街の中にあったりするのだろうか、と横断歩道を渡って
来た道を振り返ると、先ほど立っていた道の少し右側に、「純喫茶」というネオンを見つけた。

信号が変わるのを待ち、慌てて来た道を引き返す。毎回のことだが、喫茶店に恋をしている。

外から眺めた様子もとても良かったが、扉を開けて中へ入るともっと良かった。
入り口のレジカウンターに吊るされた照明の形、無造作に置かれた桃色の公衆電話、造花、
壁一面に貼られた花模様の絨毯みたいな壁紙、艶々とした緑色の椅子、小さめの飴色の机・・・。

幸いにも店内には、誰もいない時間帯で、私はしばしその贅沢な貸切空間を楽しんだ。

注文したのは、アイスコーヒーとフレンチトースト。
キッチンの中から漂ってきた卵とバターの甘い匂いはとても幸せな気持ちにさせた。

帰り際にマッチ箱をもらった。このデザインがまた素晴らしいので、近いうちに紹介したい。

★住所:東京都文京区大塚4-52-5
★TEL:03-3945-3540

新大塚・エデン1

新大塚・エデン2

新大塚・エデン3

新大塚・エデン4

新大塚・エデン5

新大塚・エデン6

新大塚・エデン7

新大塚・エデン8

新大塚・エデン9

新大塚・エデン10

新大塚・エデン11

新大塚・エデン12

新大塚・エデン13

新大塚・エデン14

新大塚・エデン15

新大塚・エデン16

新大塚・エデン17

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。