純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・町屋・喫茶 ふじ

夜の遅めの時間だったのにも関わらず、駅へ向かうバスの窓から外を眺めていたら
「喫茶」の文字に灯りが点いているのが見えたので、慌てて次の停留所ですぐに降りた。

少し過ぎてしまった道を真っ直ぐに戻ると、そこには喫茶店と洋食屋が並んでいた。
どちらにも入りたかったが、今回は喫茶店の扉を開けた。

カウンターに、常連客らしき男性が一人。マダムと一緒にテレビを眺めていた。

突然の来客に、少し怪訝な顔をしてこちらを見たが、すぐに机の上を片付けて
席を整えてくれた。入り口付近の机の上には、花瓶などがたくさん置かれていた。

メニューを一応もらったのだが、結局あたたかい珈琲をお願いしてしまう。
夏だったら、メニューを見るまでもなく、アイスコーヒーばかり飲んでいたが、
季節はすっかり冬に向かって早歩きをしていて、温かいものが欲しくなってきた。

珈琲はさっぱりとしていて、酸味がなく、好みの味だった。
一緒に運ばれてきた柿の種をぽりぽりと食べて、置いてあった雑誌に目を通した。

店内の壁には、ビニールで出来た紅葉が貼られていて、秋なのだと思う。

良い喫茶店の周辺には、また良い喫茶店が存在する、というのが
私の勝手な持論だが、この日も例外ではなく、もう一軒ハシゴすることとなった。

その喫茶店の話は、また次回に。おかげで、すっかりバスのない時間となってしまった。

★住所:東京都荒川区町屋8-4-11
★TEL:03-3892-2748

喫茶 ふじ1

喫茶 ふじ2

喫茶 ふじ3

喫茶 ふじ4

喫茶 ふじ5

喫茶 ふじ6

喫茶 ふじ7

喫茶 ふじ8


カウンター




フォーム




FC2PIYO 



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。