純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

京都・三条・イノダコーヒ 本店

京都の珈琲=イノダコーヒ、というのが、
京都へ通い始めた当初の認識だった。

まず、ドキドキしながらも足を運んだのが、
イノダの三条店で、カウンターのきびきびした動きに
見惚れたり、完璧な琥珀色にため息をついたりした。

時間があるならば、やはり本店の旧舘が素晴らしい。

シンとした空気に、赤いビロードの椅子。
床は、丁寧に磨かれてあって、白い窓枠の外には、
降り注ぐ日光とみずみずしい緑。

ここで、アラビアの真珠(本当は、ミルクも砂糖も
入れない珈琲が好きだけれど、旅では倣って飲む)
を飲みながら、フレンチトーストをいただく。

今回は、奮発して、ビーフカツサンドも。

特別ではなく、地元の人にも愛されていて、
観光客の私も、羨ましくなる素敵な喫茶店。

昔からずっと人気がある理由は、一回足を
踏み入れてしまえば、一瞬で分かる。

★住所:京都府京都市中京区堺町通三条下ル道祐町140
★TEL:075-221-0507

aa87.jpg

79ea.jpg

2756.jpg

331a.jpg

e355.jpg

eda0.jpg

f9f3.jpg

140d.jpg

6cbd.jpg

761d.jpg

dbac.jpg

2f56.jpg

89c9.jpg

7848.jpg

93bb.jpg

701a.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。