純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・神田・Coffee House LOFT

神田界隈は、数年かけて多くの範囲を歩き回ったつもりでいたのだが、
まだまだ知らない喫茶店があったりするので面白い。

神田駅西口を竜閑橋方面に歩くと古い喫茶店がある、との情報を頂き、
先日さっそく向かってみた。確かに、今まで足を運んでいない方面だった。

道路の向かい側で信号待ちをしているときに、目の前に古びた黄色いひさしと
「Coffee」の文字が目に入り、思わず赤信号なのに飛び出しそうになる。

そわそわする気持ちを抑えて、横断歩道を渡り、まずはぐるりと外観を眺めた。

そして中の様子を覗き込むより先に扉を開けたら、マスターの笑顔が目に入った。

数人の先客がいたが、ちょうど良い間隔で座っていたので、私はいつものように
なるべく端の席に腰を下ろす。店内の様子が、全体的に見渡せる場所が好きなのだ。

壁に貼ってあるメニューを眺めてみると、「自家製フルーツケーキセット」というものが
目に留まった。気になったので、生ケーキなのか尋ねてみると、「違う」とマスターは答える。

おそらくパウンドケーキのようなものだろう、と思い、それにした。飲み物は冷たい珈琲を。

珈琲を淹れ始めるマスターに向かって、写真を撮って良いかと尋ねると、
何を撮るのか、と逆に質問された。古い喫茶店が好きなこと、椅子や机など店内の様子を
残しておきたい、と伝えると、今まで以上に優しい笑顔になり、「古いだけだよ」と言ってくれた。

今までのいくつもの喫茶店で、こういったやり取りをしているが、この瞬間がとても好きだ。

私から見ると、一つ一つ違っていて、どれも素晴らしい喫茶店なのに、
そこにずっといるマスターたちにとっては特別なものではなく、当たり前のような価値である、
という風に素っ気無い返答が、何だか良いのだ。

もちろん、マスターが店を誇らしげに語ってくれる喫茶店も、どちらも楽しい。

運ばれてきたフルーツケーキは、しっとりとしていて木の実やフルーツが
何種類も入っていて、珈琲によく合った。美味しかった。

帰り際にマスターにお礼を言いつつ、ケーキの感想を言うと「機嫌が悪いと作ってくれないんだ」
と少しはにかんだように笑った。どうやらマスターの奥様の手作りであるらしい。

ケーキが食べられた、ということは、この日はマスターも奥様もご機嫌だったということで、
それだけでこちらも楽しい気持ちになってしまった。

先ほどまで先客が座っていた入り口付近の席は、大きな窓が横にあって素敵だった。
それをじっと眺めていると、「もうそんなに長くは続けないと思うよ」とマスターが呟いた。

これを読んで下さった方で、神田界隈を散策される方は、是非お早めに。

★住所:
★TEL:

LOFT1

LOFT2

LOFT3

LOFT4

LOFT5

LOFT6

LOFT7

LOFT8

LOFT9

LOFT10

LOFT11


国内格安航空券サイトe航空券.com


往復航空券+宿泊件がついたお得なパッケージプラン

旅ポケドットコム


激安航空券サイト旅ポケ.com

無料・レンタル・掲示板


FC2掲示板

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。