純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・日暮里・コーヒーハウス さくらんぼ

夜になると、虫の声も聞こえ始めて、もう夏も終わってしまうような、
少し淋しい季節になってしまった。

しかし、今回の記事を書こうとして、写真の整理をして見ていたら、
歩いているだけで汗が止まらず、空気が暑く、呼吸をするのも苦しかった
真夏の午後のことを思い出した。

特に意味もなく、日暮里駅で下車をして、いつもなら夕やけだんだんの方へ
向かうのに、なぜか繊維街のほうへ行ってみたくなって、ぐるりと散策した。

最初のうちは楽しかったが、すぐに温度に負けて、一休みするための喫茶店を探した。

一軒、学校の近くに良さそうな喫茶店を見つけたが、あいにくの定休日で
営業していなかったので、元来た道を戻り、入ったのがこの喫茶店だった。

お昼の少し前の時間だったので、ランチの準備に忙しそうだったが、
冷たい珈琲のみの注文の私にも、快く対応してくれた。

良く冷やされた珈琲で、先ほどまでの疲れが嘘のように吹き飛んだ。
少しぼんやりしていると、お昼になってしまったようで常連らしき人たちが入ってきた。

少し色の褪せた紫色のソファに、もう少しうずまっていたかったが、
あまり広くない店内での昼時の長居は良くないだろう、とすぐに店を出た。

外は相変わらず暑くて、さっき飲んだ珈琲が蒸発してしまう前に駅へ向かった。

★住所:
★TEL:

さくらんぼ1

さくらんぼ2

さくらんぼ3

さくらんぼ4

さくらんぼ5

さくらんぼ6

さくらんぼ7

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。